TOP>ニュース > 映画『グリンチ』が教えてくれた、正しい飼い主さんの姿とは?

  • ニュース

映画『グリンチ』が教えてくれた、正しい飼い主さんの姿とは?

映画『グリンチ』が教えてくれた、正しい飼い主さんの姿とは?

ミニオンズやペット、SINGで大人気のイルミネーションの最新作は、絵本の物語を再現した「グリンチ」です。12月14日から全国で公開されるこの映画は、クリスマスを盗む緑色の怪物グリンチが主人公。ひねくれもので、ヒトの幸せが大嫌いというちょっと変わったキャラクターですが、愛犬との付き合い方が素晴らしく、犬の飼い主さんとしては歴代映画史上、最高の実力者でした。あなたもグリンチから、飼い主としてのスキルを学んでみませんか?

ペットが喜ぶことを知っている

グリンチは大変なひねくれもので、人間にはとてもいじわるに接しますが、愛犬のマックスには高圧的な態度ながらも、愛情深く接しています。グリンチは音楽の才能をもち、素晴らしい演奏をしますが、マックスはちょっと音痴。二人の演奏は不協和音となってしまい、マックスはがっかりしてしまいます。するとグリンチはマックスが得意なチェスに誘うのです。自分が好きなことだけをするのではなく、マックスの好きな遊びにも付き合ってあげるなんて、最高のご主人ではありませんか。

ペットと暮らす人は、ペットが好きな遊びをたくさん知っているほど、楽しい時間と思い出をつくることができます。遊びを通じて絆は深まるもの。グリンチに見習って、ペットが大好きなことをたくさん楽しみましょう。

リーダーとして最高の実力者

グリンチはマックスのリーダーです。ちょっと偉そうにしながら、マックスにいろいろな指示を与えます。群れで生活してきた犬は、リーダーに従うことで心の安定が得られます。マックスはグリンチの指示に従い、行動する喜びに溢れていました。

グリンチはマックスに大きなそりを引く指示を出します。もともと、トナカイに引かせようとしていたそりなので、なかなか動きません。雪の中にうずもれてしまうマックスですが、全力を出してがんばって、見事にそりを引くことができました。そりが動いた時の、誇らしげなマックスの姿は、まるで、飼い主にボールをくわえて走ってくる、愛犬の姿にそっくりです。

犬と人との境界線を守っている

人と犬の間にはルールと境界線があります。日本ではよく「しつけ」と言いますが、なかなかうまくいかない家庭も多いようです。吠えてはいけない時に吠えたり、入ってはいけない寝室やキッチンに入るなど、犬が人と生活する時に守らなければならないルールと境界線をしっかり学べるかどうかが、重要です。

映画の最後で、グリンチはマックスとともに、クリスマスのディナーに招かれます。喜んだマックスはテーブルの上に前脚をかけて立ち上がるのですが、グリンチは前脚をイスの上に乗せるようにさりげなく指示します。人のルールに従って、テーブルの上に足をかけてはいけないことを、きちんとマックスに伝えるのです。多くの飼い主さんは、「特別な時だから」とか「忙しいから」と、普段行っているルールを時々、無視してしまいます。犬は「ルールを守って良い時と悪い時がある」と認識できずに、ルールそのものを放棄して、無かったことにしてしまいます。いわゆる「しつけができない」状態です。飼い主に一貫性が無いと、犬はいつまでたってもルールを理解することができません。

グリンチはどんな時もきちんとルールに従うようにマックスを指導していました。まさに飼い主の鑑です。そんな実力派のグリンチなのに、たった一度だけ、そのルールを破ってしまいます。トナカイのフレッドと一緒にベッドの中に入るのを許すのです。犬が必死でお願いするときの、あのキラキラ・うるうるした瞳にやられてしまうのです。あの犬の見上げるような期待の目を、無視できる飼い主さんはいないということですね。それもまた、グリンチが私たちに教えてくれた、素敵な飼い主の宿命なのかもしれません。グリンチから学ぶ飼い主のスキル。あなたもぜひ、楽しく映画を見ながら学んでみませんか?

文/柿川鮎子

映画『グリンチ』あらすじ 

フーの村に住む人々はみんな陽気でクリスマスが大好き。けれど村の北にある洞窟で暮らすグリンチはクリスマスが大嫌い。今年は食料が底につき、村まで調達しに向かったものの、クリスマスを待ち遠しそうに笑いあう村人たちが憎くて憎くて仕方ないグリンチは、「村からクリスマスを盗んでやる!!」と心に決めて、大計画に乗り出すが…。果たして村の人々はグリンチによってクリスマスを盗まれてしまうのか!?

12月14日(金)全国ロードショー!クリスマスにぴったりの映画なので、みんなで映画館に行ってみよう!

映画『グリンチ』概要

公開時期:2018年12月14日(金)

プロデューサー:クリス・メレダンドリ

監督:ヤーロウ・チェイニー、スコット・モシャー

声の出演:ベネディクト・カンバーバッチ

日本語吹替え:大泉洋、杏、秋山竜次(ロバート)、横溝菜帆、宮野真守

原題:『The Grinch』

配給:東宝東和

オフィシャルサイト/http://grinch.jp/

© 2018 UNIVERSAL STUDIOS

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

朝7時の犬【犬が死んだ朝】 (3.26)

  • ニュース

ドライブ中、犬と触れ合ったら交通違反…! (3.25)

  • ニュース

歯磨きをさせてくれない愛犬に試したい最後の手段 (3.23)

  • ニュース

素朴な疑問。犬は何匹の子犬を産める? (3.23)

  • ニュース

DOG DEPT 2019春夏の新作登場【ドッグウェア通信】 (3.21)

  • ニュース

人面犬ブームとは何だったのか…もう一度振り返りたいあの頃の都市伝説 (3.19)

  • ニュース

犬がしつけによく反応するのは〇歳がピーク (3.18)

  • ニュース

豪華プレゼントがもらえる!映画「PET2」の写真投稿キャンペーンを開催♪ (3.18)

もっと見る

注目のグッズ

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る