TOP>ニュース > ハチ公、ボビー、パトラッシュ… 忠犬はいかに生まれるか

  • ニュース

ハチ公、ボビー、パトラッシュ… 忠犬はいかに生まれるか

ハチ公、ボビー、パトラッシュ…
忠犬はいかに生まれるか【ブックナビ】

「亡き主人を忘れずに待ち続けた」ことがハチ公の忠義の中身であったが、ハチ公にすればごく当たり前のこの行為が称揚され、有名になるにつれて、折からの富国強兵の軍国主義の高まりのなかで、「忠君愛国」を教え、自国意識を高揚させるために利用されたのである。(第一章忠犬とその系譜より)

どんな犬でも飼い主さんのことは大好きです。普遍的な犬と人の愛情に色をつけて、利用しようとしてつくったのが忠犬だった、と教えてくれたのがこの本です。ハチ公、グレイフライアーズ・ボビー、パトラッシュと3頭の有名な忠犬をあげて、その背景となる社会的・歴史的状況から、なぜ三頭の犬が忠犬になったのかを解説してくれたのが、「忠犬はいかに生まれるか」(飯田操・著)です。

紹介されたなかで、日本人にはあまりなじみのない忠犬がグレイフライアーズ・ボビーでした。飼い主はエディンバラ市警に夜警として勤務していたジョン・グレイという人で、ボビーを残して結核で亡くなります。亡骸はエディンバラの旧市街にあるグレーフライヤーズ教会を取り囲む墓地に埋葬されますが、ボビーは主人であるグレイの墓の傍らで過ごしました。ボビーを忠犬にしたいと考える勢力は、ボビーを動物愛護運動などに利用しました。


ボビーは2頭いたかもしれないという説もある

人間の勝手で犬をいろいろな形で利用してきた過程をていねいに追っていますが、なかでもイギリスの動物愛護運動については詳しく紹介されているので、ぜひ保護活動などに興味がある人は読んで欲しい内容です。動物愛護に積極的で、ボビーを有名にしたバーデット=クーツなどの活動家は、今まで日本ではあまり詳しく知ることができなかったので、大変参考になります。


愛護の歴史を学ぶこともできる

ボビーの存在については当時からイギリス国内でも疑惑があったなど、3頭の忠犬に関するさまざまなエピソードがたくさん紹介されているので、犬好きにはたまりません。中でも圧巻だったのは、パトラッシュで有名なフランダースの犬を書いたウイーダという女性について。愛犬家のウイーダは自宅に多くの犬を飼育し、犬屋敷と呼ばれていたとか、狂犬病撲滅のための活動に勢力を注いだ話など、あまり日本では知られていない話がたくさん盛り込まれています。これを読むと、「フランダースの犬」のパトラッシュがもっと魅力的に感じられるでしょう。


犬と人がともに楽しい時代へ

忠犬がつくられて、人々に何らかの形で犬が利用される時代は不幸な時代でした。これからは犬と人・飼い主が自然な形で愛情深く結びついている、真の共生社会へと変化するはず。この本は動物愛護活動に興味のある人には、ぜひおすすめしたい一冊です。

文/柿川鮎子

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬に与える愛情の半分でも、彼氏にやったら (8.15)

  • ニュース

犬はトマトを食べても大丈夫?与えてもいい野菜とレシピ【夏編】 (8.15)

お皿に盛られたミニトマト
  • ニュース

散歩を拒否して「置物」になった柴犬はこうやって運びます (8.14)

  • ニュース

アニコム損害保険のペット保険が「保険手帳」アプリから加入可能に (8.12)

もっと見る

注目のグッズ

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

あなたはどっち派?村松誠の2020年版「犬猫カレンダー」

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る