TOP>ニュース > 愛するペットが血便を…飼い主がこの緊急事態で行うべき対応は?

  • ニュース

愛するペットが血便を…飼い主がこの緊急事態で行うべき対応は?

愛するペットが血便を…飼い主がこの緊急事態で行うべき対応は?

ペットの排泄物は、日々の健康のバロメーターです。毎日しっかり、おしっことうんちの質を観察することで、些細な体調の変化にもすぐに気付くことができるようになります。

特に犬も猫も、うんちの質には注意深く目を向けることが大事です。

さて、こういった日々の健康チェックをしているときに、しばしば飼い主をギョッとさせるような事態が発生することがあります。

それが血便です。

ワンちゃんも、ネコちゃんも、体調の異変や未消化物が胃腸を通る際にこれらを傷つけるなど、いくつかの原因によってうんちに血が混じることがあるんですよね。

愛するペットが血便を出してしまう。

そのショックはかなり大きいものです。

人によっては慌ててパニックになってしまうこともあるでしょう。

しかし、冷静に対処しなければなりません。ペットが頼れるのは、いつだって飼い主だけなのです。

今回は、万が一にもペットが血便を出してしまったときの、最適な飼い主の対応について紹介していきましょう。

血便と一口で言っても、その種類は様々…素人目には異変の原因は掴みにくい!

血便、血便と言ってみたところで、実際にはこの血便も、実に多くの理由から生じるものなんですよね。

一概には当てはまらない部分もありますが、うんちの質がいつもより明らかにおかしく、しかも血が練りこまれているような血便の場合、重い症状のサインとなっていることが考えられます。

あるいは血の色が黒い血便もまた、危険な状態を示唆しています。人間と同じですね。

一方で、うんちの表面に鮮血が付着しているような、見た目もショッキング度が高いうんちはどうでしょうか。実際に目にする血便って、これが一番多いのではないか? と感じるのですが、この血便の場合は、大腸の後ろ辺りが傷ついてしまったことが原因とされる場合が、結構多いようです。

そしてこういう血便の場合、獣医さんに診てもらっても「まあ、大丈夫でしょう。しばらくすると血も出なくなります」と言われることがほとんどです。

我が家の猫の中にも、以前このタイプの血便が出てしまい、慌てて動物病院に連れて行った個体がいるのですが、診察もほどほどに「大丈夫だよ」と言われたものです。

そしてやっぱり2日、3日と経過するうちに血は段々見えなくなり、すぐに元通りのうんちをするようになりました。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

愛犬と食べたい♪さつまいもの簡単レシピ&栄養素や注意点まとめ (9.19)

  • ニュース

いまさらだけど、どうして犬の鼻は冷たく濡れているの? (9.18)

  • ニュース

バーガーキングからドッグフード付きのセット「BOWWOW KING」が登場! (9.18)

  • ニュース

犬が苦手だった文豪・芥川龍之介。そこには納得の理由が… (9.16)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る