TOP>ニュース > 中には死亡することも…消えゆく“ドッグレース”

  • ニュース

中には死亡することも…消えゆく“ドッグレース”

中には死亡することも…消えゆく“ドッグレース”

「走るために生まれてきた」、そう表現される犬たちがいる。俊足で知られるサルーキやウィペットなどサイトハウンド(視覚ハウンド)は総じてそれにあてはまるが、筆頭に挙げられるのは、やはりグレイハウンドだろう。

そして、グレイハウンドと言えばドッグレースを連想する人も少なくないはず。

ドッグレースをご存知ない方のために。こちらの動画でその雰囲気を感じ取ることができる。

https://www.youtube.com/watch?v=i9e3xlqmR0U

券を購入してお金を賭けるあたり、言ってみれば競馬の犬版といったところか。競馬と違うのは、ドッグレースの場合はトラック1周が400mくらいであるのと、ルアーと呼ばれる電動式のウサギを模した仕掛けを用い、それを追い駆けて犬たちが走る点。ドッグスポーツと言うよりも、人が楽しむための娯楽としてとらえられている。

このドッグレースに関して、以前より、動物愛護の観点からもそろそろ禁止したほうがいいのではないかという意見は聞かれていた。その理由として、レース中に接触や転倒して体が“故障”する、中には死亡する例もある、不適切と思われる飼育環境、勝たせるための薬物使用、虐待やネグレクト、犬には厳しい天候でのレース開催などの問題を指摘する人たちもいる。

今年、マカオのドッグレースが廃止となったニュースがあったが、フロリダ州(アメリカ)でも今週行われたドッグレースを禁止とする法改正案(Amendment 13)に対する投票で賛成が69%となり、2020年末までに州内のドッグレース場は閉鎖となるもようだ(*1)

それに伴い、レーシングドッグとして使われていた1,000頭単位のグレイハウンドが新たな飼い主を必要とする問題にも直面するという。これに関しては、すでに引取りの問い合わせが寄せられているようだが、保護団体関係者の間からは、中にはシェルターに行く着くことになる、またはノーキルというわけにはいかない個体も出てくるかもしれないことを懸念する声も聞かれる。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬の虐待を防ぐ!大阪市が虐待の電話相談窓口を開設 (2.20)

  • ニュース

映画「PET2」の最新映像がついに解禁!! (2.19)

  • ニュース

山道を行く人にぴったり付き添う妖怪「送り犬」の謎 (2.19)

  • ニュース

「犬の散歩を禁止」している国ってどこ? (2.18)

  • ニュース

一番最初に人間に名前をあたえられた犬って? (2.17)

  • ニュース

ペットの虐待を見つけたらどうしたらいい? (2.16)

  • ニュース

年をとって、寝ていることが多い…シニア犬は運動したほうがいい? (2.14)

  • ニュース

アテネオリンピック前に実施された「野犬保護プロジェクト」 (2.13)

もっと見る

注目のグッズ

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る