TOP>ニュース > 譲渡活動に関する情報!意外に使える、東京都のペットサイト

  • ニュース

譲渡活動に関する情報!意外に使える、東京都のペットサイト

意外に使える、東京都のペットサイト

ネットではたくさんのペット情報に溢れていて、どれを信じてよいかわからなくなることも増えました。一見、よさそうな情報に見えても、読んでみると文末にメーカーの広告が入っていたり、正反対の意見が掲載されていて、どちらを選べばよいか迷うことも多いのです。

そんな中、東京都が都民のために作成したペットのための情報サイト「ワンニャンとうきょう」が新しく、使いやすくなりました。信頼できるサイトとして、活用してみてはいかがでしょうか。動物愛護相談センターやボランティア団体で保護されている犬や猫を、新しい家族として迎え入れる譲渡(じょうと)や、最期まで大切に飼うための、いろいろな情報が網羅されています。

サイト自体は昨年11月に開設されたものですが、このほど、トップページを見やすいデザインに変え、高齢の犬や猫と暮らす飼い主さんのために役に立つ記事を掲載しました。「ペットとずっと一緒に暮らすために」のページに「高齢の犬や猫との暮らし方」というタイトルで、1)快適に生活するためのヒント~体のケア、2)快適に生活するためのヒント~環境を整えよう、3)快適に生活するためのヒント~選択肢を増やそう 、4)快適に生活するためのヒント~介護グッズの紹介、5)私の動物介護の体験談 、の5項目が追加されています。

(1)の体のケアでは、眼のまわりのケアの仕方や、耳、口、足、おしりのケアと、具体的に写真付きで、丁寧に解説しています。2)快適に生活するためのヒントでは、高齢の犬や猫が快適に暮らすことができるよう、安定した床材を使うほか、体に負担の無い寝床など、今から用意できそうなヒントがもりだくさん。

私自身がこの5つの中で一番参考になりそうだと思ったのが3)快適に生活するためのヒント、でした。サブタイトルの「選択肢を増やそう」と提案している通り、ペットが高齢化した時、飼い主さんの負担を減らし、ペットも快適に過ごすためにたくさんのサービスがあるということを教えてくれています。たとえば病院に行くのが大変な場合は往診をお願いしたり、ペットの送迎、健康診断、ペットホテル、ペットシッター、トリミング、東洋医学を利用した鍼や漢方など、様々なサービスが近年では増えています。選択肢を増やすことで、より飼い主さんとペットの負担が減ると提案しています。

ほかにも、元気な今からおむつに慣れてもらおうという提案は、とても新鮮でした。おむつを着けたら大げさにほめたり、ご褒美をもらえるなどして、おむつへの抵抗感を減らします。今からやることで、将来の負担を減らせるのは良い提案ですね。確かにいきなりおむつを履く子よりも、恐怖や負担が減って、ストレスが少なくてすみそうです。

快適に生活するためのヒント~介護グッズの紹介~では、介護をするときに便利なグッズを写真やイラストで紹介しています。介護グッズに関してはペットゥモロー記事「楽しいペット介護のすすめ!プロがすすめる意外な日用品」で、看護師の佐々木優斗先生が教えてくれた、意外な日用品もぜひ参考にしてみてください。

(5)私の動物介護の体験談では、犬と猫の介護をした飼い主さんの実体験が紹介されています。特に猫の飼い主さんが、最後、大好きだったウナギをごちそうして、美味しそうに食べてくれたエピソードには胸を打たれます。うちの子の最後を、幸せに見送ってあげるためのヒントがたくさんつまっていました。

「ワンニャンとうきょう」は譲渡活動に関する情報も随時更新しています。新しく家族を迎えたいと思った時にはチェックしてみてはいかがでしょうか?

東京都動物愛護推進委員/柿川鮎子

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬が苦手だった文豪・芥川龍之介。そこには納得の理由が… (9.16)

  • ニュース

とにかく、口についたヨーグルトが気になる (9.16)

  • ニュース

こぐまみたいにコロコロ丸い、ポメラニアン3姉妹から目が離せない! (9.14)

こぐまカットのポメラニアン3姉妹8
  • ニュース

もうおもちゃに飽きたの?わがままペットに試したい二大対処法 (9.13)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る