TOP>ニュース > 世界中にある「犬の博物館」10選

  • ニュース

世界中にある「犬の博物館」10選

世界中にある「犬の博物館」10選

犬が好きになると、なんとなく犬の“物”を集めたくはならないだろうか?

古くから歴史的遺物や芸術品など、犬がモデルとなったものは多々ある。


Penzance Regatta Day by Stanhope Alexander Forbes (1857–1947), Penlee House Gallery & Museum, Distributed under a CC BY-ND licence, via ART UK  

たとえば、19世紀に活躍したイギリスの画家エドウィン・ヘンリー・ランドシーア(Edwin Henry Landseer)は犬や馬、ライオンなどの絵で知られるが、中でも白地に黒斑のニューファンドランドを好んで描き、後に、そのタイプの犬は彼の名を取って、「ランドシーア」と呼ばれるようになったと伝えられており、画家の情熱?が犬種名に結び付いたという例もあるくらい。

(注:ランドシーアをニューファンドランドの毛色違いととらえる考え方と、ニューファンとは別犬種ととらえる考え方とが混在する) 

そうした芸術品や歴史的に貴重な物、珍しい物などを集めた博物館は世界各地にあるが、中には『犬の博物館』というものも存在する。


Woman with dog pulled cart by unknown (1870-1919), The Miriam and Ira D. Wallach Division of Art, Prints and Photographs: Art & Architecture Collection, PD, via The New York Public Library Digital Collections
  

まずは、アメリカから。

【1】

マサチューセッツ州には、その名も『Museum of Dog(通称M.O.D)』というものがあるらしい。今年この地にオープンしたという話であるが、創設者がこれまで収集した彫刻や絵画、珍しい犬の首輪などのコレクションが展示されているとのこと(*1, 2)。

その原動力となったのは創設者の愛犬ソフィー(元保護犬)の存在だそうだが、ユニークなのは冬に博物館を閉鎖する間、インスタグラム・ツアーと称し、リムジンとスクールバスに博物館の展示品の一部を乗せて、今まさにこの時期、全米各地を走り回りながら、“犬の愛”を広めているという。

停車地はあらかじめ決められていたものの、「うちの町にも寄って」という希望が多く寄せられており、停車地となる町の数は増えているらしく、20ドルのチケットを購入すると4人/犬(2人+2頭でも、1人+3頭でも組み合わせ自由)を1組としてリムジンやスクールバス内を見学できるのだとか。ちなみに、このリムジンの側面には、長~いダックスフンドのシルエットが描かれている。

【2】

アメリカン・ケネル・クラブ(AKC)では、これまで約30年間にわたりコレクションした犬関連の美術品や資料などミズーリ州のセントルイスにある『犬の博物館』で保管していたが、この度、AKC本部のあるニューヨークに移転することになり、来年にはオープンする予定だそうだ。

【3】

同じニューヨークにて。「9/11」は多くの人の記憶に残る悲しい大事件であったが、その当時、救助犬や探索犬、セラピードッグとして活躍した犬たちも多くいた。その後、 『9/11 Memorial & Museum 』なるものが創立されたそうだが、2019年の秋には、その記念博物館の中に『Dogs of 9/11』という犬に関する展示コーナーがオープンする予定とのことだ(*3)。

【4】

北部のアラスカ州では犬橇レースが盛んなだけに、アイディタロッド犬橇レースの本部には、犬橇や同レースの歴史、トロフィ、写真などが展示されている博物館があるそう。

(*=歴史もあり、たいへん有名な犬橇レース)

また、同じアラスカのWasilla Knik歴史協会には犬オンリーというわけではないが、 1967年につくられたという『Knik Museum』もあり、こちらでは土地の文化と共に、犬に関する物も展示されているようだ。

【5】

ポインターやレトリーバー系が好きな人には、テネシー州にある鳥猟犬やフィールド・トライアル、狩猟などに特化した博物館『The National Bird Dog Museum』はいかがだろう。


Moutons parqués, d’après Brendel by Brendel, Albert Heinrich (1827-1895 : )Artist), Bracquemond, Félix (1833-1914 : Etcher), The Miriam and Ira D. Wallach Division of Art, Prints and Photographs: Art & Architecture Collection, PD, via The New York Public Library Digital Collections 

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬の虐待を防ぐ!大阪市が虐待の電話相談窓口を開設 (2.20)

  • ニュース

映画「PET2」の最新映像がついに解禁!! (2.19)

  • ニュース

山道を行く人にぴったり付き添う妖怪「送り犬」の謎 (2.19)

  • ニュース

「犬の散歩を禁止」している国ってどこ? (2.18)

  • ニュース

一番最初に人間に名前をあたえられた犬って? (2.17)

  • ニュース

ペットの虐待を見つけたらどうしたらいい? (2.16)

  • ニュース

年をとって、寝ていることが多い…シニア犬は運動したほうがいい? (2.14)

  • ニュース

アテネオリンピック前に実施された「野犬保護プロジェクト」 (2.13)

もっと見る

注目のグッズ

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る