TOP>ニュース > 犬猫の「尿路結石」による疾患を防ぐためには?

  • ニュース

犬猫の「尿路結石」による疾患を防ぐためには?

尿路結石による疾患を防ぎ、また早期に見抜くには?

ここまで説明したとおり、下部尿路疾患の中でも特に頻繁に目にする機会が多いのが尿路結石です。

この尿路結石を防ぐためには、どんな対策を採る必要があるのでしょうか。実はこの点については、飼い主ができることって、かなり多いと考えても間違ってはいません。

むしろ、飼い主の観察眼と心配りこそが、症状を未然に防ぎ、症状が顕著になる前に完治いたらしめると考えても良いでしょう。

動物の尿路結石にはいくつか種類があり、それらは摂取した食べ物の成分によって異なります。

フードによっては、結石成分が多く含有されているものもありますし、また、飲み水によっては硬度が高いものですと、ミネラル分の摂取過多のため、尿路結石のリスクが生じます。

こういったリスクを防ぐために一番良いのは、下部尿路を予防すると謳われているフードや、軟水を飲み水としてあたえることですね。

特に前者は価格は高いものが多いのですが、動物病院などに問い合わせると最適なフードを教えてくれることも多く、中には動物病院で購入することが可能なものもあります。

あたえる餌や水にもこだわっていれば、尿路結石はなかなか発生しないようになります。

さらに、飼い主が日々、おしっこの質をチェックすることも重要です。

血尿が混じっていれば視覚的にもすぐにアウトだと分かりますが、それ以外にも「最近おしっこの色合いが変化してきたな」と気になったら、その時点で獣医さんに診てもらうのも安心ですね。

おわりに

尿路結石に代表される下部尿路疾患は、決してそこまで重篤な症状をもたらすものでもありません。しかしながら、通院、入院はペットにとっては大きなストレスになってしまいます。

ただでさえ調子が悪いのに、知らない場所で診察をされるというのは、彼らにとっては勘弁してほしいという状況で、余計に具合を悪くしてしまいかねません。

ですので、そもそも動物病院のお世話にならないように、日頃からマメに下部尿路対策をすることは大事になるわけですね。

ペットは自分で体調不良を訴える術がありません。

飼い主が視覚的に異常を検知し、すぐに対策を講じること。これが愛するペットを健康で長生きさせるための、一番基本でありながら最も重要な秘訣になります。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬の虐待を防ぐ!大阪市が虐待の電話相談窓口を開設 (2.20)

  • ニュース

映画「PET2」の最新映像がついに解禁!! (2.19)

  • ニュース

山道を行く人にぴったり付き添う妖怪「送り犬」の謎 (2.19)

  • ニュース

「犬の散歩を禁止」している国ってどこ? (2.18)

  • ニュース

一番最初に人間に名前をあたえられた犬って? (2.17)

  • ニュース

ペットの虐待を見つけたらどうしたらいい? (2.16)

  • ニュース

年をとって、寝ていることが多い…シニア犬は運動したほうがいい? (2.14)

  • ニュース

アテネオリンピック前に実施された「野犬保護プロジェクト」 (2.13)

もっと見る

注目のグッズ

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る