TOP>ニュース > 猫を亡くした人の心の穴は、猫ではないと埋められない?『猫を償うに猫をもってせよ』

  • ニュース

猫を亡くした人の心の穴は、猫ではないと埋められない?『猫を償うに猫をもってせよ』

猫を償うに猫をもってせよ、ってどんな意味?
『猫を償うに猫をもってせよ』小谷野 敦著【ブックナビ】

子犬ののらくろが子供たちと野球をしていて、ボールが逸れて大家さんの猫に当たって猫が死んでしまう。かんかんになった大家さんを前に困った子供たち。で、のらくろは子供の一人に「猫を償うには猫をもってせよってことわざがあるでしょう」と言う。

~中略~のらくろは別の猫を探してきて、大家さんに上げるという話だ。

古い本を読んでいると時々、今の常識では考えられないようなペットの扱い方をすることがあって、衝撃を受けることがあります。サザエさんが飼っている猫のタマはどうみても室内飼いではありません。夏目漱石の「吾輩は猫である」の猫も、子猫時代はかなり虐待されていて、家から外に投げ捨てられたというエピソードは、愛猫家としては心が痛みます。

1931年から連載が始まった漫画「のらくろ」も結構、今とは感覚の異なる印象を受けます。もともとのらくろが犬だからでしょうか、猫にはずいぶん冷たい扱いです。子供が子猫を殺したから、ほかの子猫を探して与えるというのは、教育的な観点からもどうかと思いますし、大家さんも子供の野球ボールが飛び込んでくるようなところで子猫を飼うなんて、今では考えられません。

もともと「猫を償うには猫をもってせよ」は著者のブログのタイトルでした。それをエッセーのタイトルにしたのがこの本です。内容は「生活編」「政治社会編」「言葉編」「文芸編」「名著推薦」と多岐に渡り、小谷野ファンにはたまらない面白さ。歯にきぬ着せぬ書きっぷりで、読者を飽きさせません。とはいえ、犬や猫、ペットに関する内容を期待して購入すると、冒頭の通り、のらくろの行動にびっくりさせられます。


野良の黒い犬だから「のらくろ」、野良の黒い猫でも「のらくろ」?

ペットとは全く関係のない内容ですが、「文芸編」の「忘れがたいタイトル」は本好きなら激しく同意できるはず。作品のタイトルに凝らなかった作家として、遠藤周作の「スキャンダル」や「侍」「女の一生」をあげています。舟橋聖一もなげやりだそうで、「ダイヴィング」、「川音」、「女の手」、「無風」と確かに、あまり凝っていないタイトルです。「ある女の遠景」と「好きな女の胸飾り」については“どちらも名作なのに、どっちがどっちだかわからなくなる”とまで書いています。

著者はさらに“詩集のタイトルで、下手なものというのはあまりない”とも書いています。「春と修羅」(宮澤賢治)、「会社の人事」(中桐雅夫)、「夜中に台所でぼくはきみに話しかけたかった」(谷川俊太郎)、「坑夫トッチルは電気をつけた」(荒川洋治)などをあげていますが、確かにどれも読んでみたくなる気持ちにさせられます。


ペットの飼い方も時代とともに変化していった

のらくろのやり方にはいろいろ問題がありましたが、「猫を償うに猫をもってせよ」は確かに名言だと愛猫家なら思うはず。「償う」とは「埋め合わせ」という意味を含む言葉ですが、猫は猫でしか償えないもの。猫を亡くした人は猫を飼うことでしか、心の穴を埋められません。猫はそれぞれ毛色も違うし、性格もひとつとして同じ猫はいません。それぞれが飼い主さんにとっては、かけがえのない一頭です。それでも、猫を償うに猫をもってせよ、は、真実を語っているとしか思えません。


飼い主にとってはどの子もかけがえのない一頭

新しい子猫で償ってもらった「のらくろ」の大家さんは、その子を抱いて、最後は笑顔で終わっています。どこで都合よく子猫を探してきたのかわかりませんが、のらくろは特別な嗅覚を持っていて、子猫の存在を知っていたのでしょう。大家さんの猫はその後、可愛がられて寿命を全うしたと、思いたいのです。

文/柿川鮎子

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

アニコム損害保険のペット保険が「保険手帳」アプリから加入可能に (8.12)

  • ニュース

さぁプール開きです。小学生みたいに喜ぶコーギー (8.11)

  • ニュース

犬を飼うと思春期の児童のメンタルが改善する?先生に詳しい話を聞いてみた (8.9)

  • ニュース

コロナ禍で犬のストレスはもう限界?飼い主150人に悩みを聞いた (8.9)

もっと見る

注目のグッズ

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

あなたはどっち派?村松誠の2020年版「犬猫カレンダー」

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る