TOP>ニュース > 愛犬との信頼関係が壊れる「NGな叱り方」

  • ニュース

愛犬との信頼関係が壊れる「NGな叱り方」

愛犬との信頼関係が壊れる「NGな叱り方」

愛犬とよい関係を築いていくには、時として心を鬼にして叱らなければならないこともありますよね。しかし、間違った叱り方をし続けていると、逆に犬との信頼関係が崩れてしまう場合も…。では一体、どんな叱り方をしてはいけないのかを詳しく見ていきましょう。

犬にしてはいけない叱り方

①暴力は絶対にダメ

叩いたり殴ったりすることで愛犬をしつけようとするのは、絶対にやめましょう。暴力を振るわれた犬は飼い主さんのことを怖いと感じてしまうため、余計に関係が悪化していってしまいます。例え暴力によって犬の問題行動が治まったかのように見えても、それはしつけではなく、恐怖心で心を支配しているだけにすぎません。

また、暴力を繰り返されると、犬は身を守ろうとして攻撃的になることもあるので、飼い主さんが怪我をしてしまう危険性もあります。

②むりやり仰向けにする

犬がお腹を見せるのは、相手に対して服従しているサインです。そのため、愛犬を目の前で仰向けにさせればしつけられるのではないかと思う方もいるかもしれませんが、それでは効果がありません。犬の服従心は飼い主さんが無理やり仰向けにしても芽生えないので注意しましょう。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ラブラドールレトリーバー マリアのメラノーマ闘病記 その1 (10.20)

  • ニュース

世界一賢い犬種? ボーダコリーのいたずら事件簿 (10.20)

  • ニュース

室内飼いの猫には、ノミ・ダニ対策は必要なし? (10.19)

  • ニュース

獣医師推奨!正しい犬のシャンプー方法 (10.19)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る