TOP>ニュース > 愛犬の涙焼け…どうやったら綺麗になる?

  • ニュース

愛犬の涙焼け…どうやったら綺麗になる?

愛犬の涙焼け…どうやったら綺麗になる?

大切なペットのコンディションって、直接健康には悪影響がないと分かっていることであっても、何かと気になってしまいますよね。

たとえば、自分の脚で後頭部辺りを掻きすぎて耳元に血が滲んでしまっている猫なんかはたまに見かけますが、つい軟膏を塗ってあげたくなっちゃいます。

また、毛に埃が付着していると、綺麗になるまで櫛で梳いてあげたくなるという方も、きっと多いはずです。とにかく、ペットに手をかけすぎて悪いことなんて一つもありません!

別れの日に「どうしてもっと大事にできなかったんだろう」なんて思わないで済むように、愛情は、かけられるだけかけておきましょう!

さて、この話にも関係があるかもしれません。ずばり犬の涙焼け。これについて今回はちょっと掘り下げてみたいと思います。愛犬にとっては全く身体には問題のない要素と言ってもいい涙焼けですが、これを放置しておくのも可哀想に思えるところですよね。

■そもそも涙焼けは何故発生するの?

涙焼けの目立つ個体と、そうでない個体がいますよね。

その違いってどういうものかといえば、これは別に病気のせいとか、飼い主の重大な落ち度などではなく、言ってみれば涙が出やすい個体とそうでもない個体がいるというだけのこと。

犬によってはいつもちょっとだけ涙が流れているみたいなケースもありますが、これ自体は別に大した問題でもなく、単に涙腺から涙の分泌がやや多いため、というような理由があるそうです。

また、筆者の知るところですと、アレルギー気味のワンちゃんも、人間と同じく花粉の季節なんかには涙を流すみたいですね。それから犬だけでなく、猫にも生まれつき涙が流れやすい個体もいます。

以前飼っていたキジネコの「トメ」というメス猫は、常時右目だけから、涙を流し続けていました。病院に連れていったのですが、先天的に涙腺に異常があるものの、手術するほどでもないということだったのと、トメも平気そうだったので放置していました。

他にも喧嘩などによって涙腺が傷んだため、涙を流しがちになる個体もいるようです。

こういった個体が常々流す涙を逐一拭っていれば涙焼けも発生しないのですが、どうしても完璧にフォローはできないため、涙で目の下の毛が焼けて見えるようになるわけですね。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

獣医診断市場、2022年には36.2億米ドルに到達 (4.12)

  • ニュース

勝ったのは?本日も恒例のガウガウタイム (4.11)

  • ニュース

ドッグコテージに年間10泊できるサブスク型定額プランが販売! (4.10)

  • ニュース

愛犬と海のお散歩は最高!だけど注意したい危険ポイント (4.8)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る