TOP>ニュース > 楽しいペット介護のすすめ!プロがすすめる意外な日用品

  • ニュース

楽しいペット介護のすすめ!プロがすすめる意外な日用品

楽しいペット介護のすすめ!プロがすすめる意外な日用品

「笑顔で楽しく介護」をモットーにしている動物介護・看護師佐々木優斗先生は、家庭でのペット介護を楽にするための、さまざまな方法を提案しています。今回はその中で、ペットの介護の現場で意外と役立つ商品を教えてくれました。どれも人用でドラッグストアやホームセンターで買えるものばかり。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

介護で使える家庭用品「日常ケア」編

人用おむつ

ペット用も販売されていて、便利ですが、急に必要になったり、買いに行けなかった時やサイズが無くて困っている人、コスト的に抑えたい人には、人用の赤ちゃんおむつが便利です。尾っぽが出る部分に、はさみで穴をあけましょう。特にペット用でピッタリサイズが無い時は便利です。

子供用のおむつに、しっぽの穴を開けて使います

母乳パット

寝たきりになると人と同じように、褥瘡(床ずれ)ができることがあります。傷を保護しながら、治すために便利なのがお母さん用の母乳パットです。パットは通気性が良く、傷口が化膿しにくく、取り替えも便利です。母乳パットを傷口にあてた後、キッチン用水切りビニールを当てて、テープで固定します。水切りビニールは通気性があり、どこでも買えます。

中央部分が浮いているので、傷に触れずに痛くない

介護で使える家庭用品「フード」編

洗浄ボトル&スポイド

歯が悪くなったり、寝たきりになると、水や固形のフードが飲み込みにくくなります。その時役立つのが、人用の洗浄ボトルやスポイドです。洗浄ボトルはボトルの中身の分量がわかりやすい、半透明タイプが便利です。

洗浄ボトルは指で押して中身を出せるので便利

お水を与える時に必要なスポイドは先を咬んでつぶしてしまった時は、根本の方を切ると、もう一度使えることがあります。こちらも半透明タイプだと、飲んだ量がわかるので便利です。一度、先を触ってみて、鋭く口の中を切るような固いタイプのプラスチックは避けるようにしましょう。

スポイドの先は尖りすぎていないか触ってみて

ミニマッシャーとシリコンスプーン

水にふやかしたフードを細かくする時、スプーンやフォークでつぶすより、ミニマッシャーが便利です。調理用のもので、あまり大きなものは扱いづらいので、小さめのミニタイプがおすすめです。力を入れずにつぶせるので、時短になります。

スプーン型のミニマッシャーは意外と便利

犬や猫の口の中に入れる時、人用の金属スプーンを嫌がる子が多く、また、プラスチックスプーンで口の中をケガすることもあります。柔らかな口当たりで、咬んでも安心な樹脂スプーンが最適です。シリコンスプーンはサイズがいろいろあるので、食べる子の口に合わせます。小型犬の場合は、小さめの人間の赤ちゃん用が便利です。

金属のように冷たくなくて、柔らかい口あたり

ピルクラッシャー

介護では薬を与えるのが難しいので、ペットの負担が無いよう、錠剤を砕いてごはんや水に溶かします。その時、人用のピルクラッシャーを使います。ペット用もありますが、人用でも十分使えます。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ボディケア用品からお菓子まで!猫好きな彼女や妻に喜ばれるホワイトデーギフト4選 (3.3)

  • ニュース

愛犬がまさかの“犬嫌い”…その原因はどこにあるのか? (3.1)

  • ニュース

亡くなったペットは死後も近くにいるの?夢に出たり、ときには帰ってくることも… (2.26)

  • ニュース

猫の辞書に「よく噛んで食べる」という文言は無い! (2.26)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る