TOP>ニュース > 【キーパーソンインタビュー】カラーズ代表取締役・佐久間敏雅氏(2)

  • ニュース

【キーパーソンインタビュー】カラーズ代表取締役・佐久間敏雅氏(2)

_DSC0129_DSC0140

ペット業界を代表する人物に話を伺うキーパーソンインタビュー。犬の自然食フードなどを扱う店舗『GREEN DOG(グリーンドッグ)』を運営する企業カラーズの代表取締役・佐久間敏雅氏の続編です。

《前回の記事を見る》

 

――前職のP&Gでペット関連の商品を担当されたことはあったんですか?

「僕がいた当時は、まだペットフード事業に参入していなかったので、ペット関連の事業自体、ありませんでした。僕は、生理用品や紙おむつブランドの宣伝・マーケティングを担当していました」

――ということは、ペット事業は未経験で起業したということになりますね?

「そうなんです。なので、最初は色々学ぼうとなんでも自分で体験しようと思いましたね。それこそ、業界のことを知りたくてブリーダーといわれるところでも働きました。たまたま知り合いの知り合いにブリーダーがいたので、そこでしばらく修行させていただきました」

_DSC0051

「修行といっても犬舎の掃除ぐらいしか僕はできなかったんでけど。そこでしばらく働いてみると、そこに来るお客さんや出入りしている人たち、そこでの犬の扱いなどをまじまじと見ることができたんです。やっぱり、少しおかしい業界だな、と思いましたね(笑)」

――その経験から生体販売での起業はないと?

「はい。ただ、自分でいざ事業をやるときに、何やろうかって迷ったんですよね。最初は店をやりたいなって思っていたんです。何故ならば、やっぱり自分が体験した中で、いつでも気軽に行けるお店がないということが大きな不満でした。身近になんでも相談できるプロフェッショナルがいる場所があればすごくありがたいだろうな、と思っていたんです」

「ただ生体販売はやりたくない。というところで、最初はグルーミングのお店を考えていたんです。しかし、当時2000年なんですが、いわゆるITバブルの時でネットがこれから普及するという時代だったんですよ。たまたま友人がネットで起業してネット関係のいろんな会社を作っていくっていうステージにあったんですね。ネットの事業に色々と投資をしていたんです」

「その彼が、僕が会社を辞めてペット関連で独立するということを知ったんですね。ペットの分野でネットを使ったビジネスをやったらいいんじゃないかっていうアドバイスというか、それに対して俺、投資するよっていう話になったんですよね。僕も自己資金はある程度まで確保してありましたけど、そこまで大した額はなかったので、ネットでやろう!ということを決めたんです」

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬が苦手だった文豪・芥川龍之介。そこには納得の理由が… (9.16)

  • ニュース

とにかく、口についたヨーグルトが気になる (9.16)

  • ニュース

こぐまみたいにコロコロ丸い、ポメラニアン3姉妹から目が離せない! (9.14)

こぐまカットのポメラニアン3姉妹8
  • ニュース

もうおもちゃに飽きたの?わがままペットに試したい二大対処法 (9.13)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る