TOP>ニュース > 赤い糸は存在する?「双子の子かもしれない!」里親がみつかった保護犬ビースト

  • ニュース

赤い糸は存在する?「双子の子かもしれない!」里親がみつかった保護犬ビースト

赤い糸は存在する?「双子の子かもしれない!」里親がみつかった保護犬ビースト

もし自分とそっくりな人を見かけてしまったら、あなたはどうするだろう?話しかける?それともそのまま通り過ぎてしまうだろうか。いずれにしても、自分とそっくりということで気になってしかたがないのではないだろうか。

ある時、べサニー・コールマンが愛犬と散歩をしていると、まさにそのような状況に出合ってしまった。しかしそれは、べサニー本人ではなく、愛犬のローグにそっくりな犬との出会いだったのだ。彼らはお互いそう思ったようで、自然に挨拶を交わしていた。

「ローグと私はこの日、地域の市場まで散歩をしていたの。その子はその市場で出会ったの。その子はビーストという名前なんだけど、”Last Hope K9レスキュー”というボストンにある犬の保護団体のスタッフと、そして他の犬たちと一緒にいたわ。みんな新しい家族を待っている保護犬たちだったの。でも私はビーストしか目に入らなかった。それは愛犬のローグと瓜二つだったから。」とべサニーは語る。「ローグもビーストもケアン・テリアのミックスだったの。」と続けた。

しかし当時、べサニーはローグ以外の動物を飼うつもりは全くなかった。「ローグの父親でもある私の彼氏、タイソンは、もう一匹犬を欲しがっていたの。でも私は反対していたのよ。だってうちには既に2匹の猫とローグたいたんですもの。」とべサニーは言う。しかし、ビーストと出会ってしまった彼女は我慢することができなかったようだ。「出会った瞬間、私はビーストに一目ぼれしてしまったわ。」べサニーはそう付け加える。「彼は絶対にローグの双子の兄弟よ。だってそっくりだし、すぐに仲良くなって遊び始めたんだもの。私はすぐに書類にサインしたわ。彼らの初めての写真も思わずそこで撮ってしまったのよ。」と嬉しそうに語った。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

アメリカに渡って「アメリカン・アキタ」として愛された犬たち (6.17)

  • ニュース

人が「犬を飼いたい」と思う時、そのきっかけや衝動はどこからくるのか? (6.15)

  • ニュース

ベイクドチーズケーキ【わんこも食べれる簡単ごはん】 (6.15)

  • ニュース

社交的でアウトドアにも積極的…?犬好きな人にありがちなこと (6.14)

  • ニュース

手軽にたんぱく質アップ!豆とチーズのサラダ【わんこも食べれる簡単ごはん】 (6.13)

  • ニュース

その一瞬が命取りに。犬の車内置き去り事故を防ぐ「ドック・モード」 (6.12)

  • ニュース

万年筆専門店にいる看板犬。『神田金ペン堂』のモンちゃん (6.11)

看板犬モンちゃん2
  • ニュース

犬がいると仕事ができないことを証明する写真14選 (6.7)

もっと見る

注目のグッズ

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る