TOP>ニュース > 飼い主を追いかけて、長野から新潟までやってきた犬の話

  • ニュース

飼い主を追いかけて、長野から新潟までやってきた犬の話

飼い主を追いかけて、長野から新潟までやってきた犬の話

子供の頃、動物図鑑を読んでいると「犬の嗅覚は、人間の1万倍」と書いてあり、あまりの嗅覚の鋭さにびっくりして腰が抜けてしまった経験があります。

が、最近になって新しく発行された書籍なんかを読んでみると、1万倍どころか数百万倍も人間より嗅覚が発達していると書かれていたので、びっくりして顎が外れそうになりました。

また、犬に限らずですが、動物は聴覚も鋭いことがよく知られていますよね。ある犬なんかは、飼い主が数キロ離れた会社の駐車場に停めてある車に乗り込んでエンジンをかけた瞬間に、玄関に移動して帰りを待ちわびている……なんて話を聞いたこともあります。

まさに犬は、人間なんかが到底及びも付かないような、素晴らしい力を身につけているということになるのですが、実際にその実力を裏付ける話を、筆者も一つ知っています。

今回はそのお話を披露したいと思います。

仲の良かった家族が就職のため故郷を離れる…そのとき愛犬は!

2007年頃なのでかなり前の話になるのですが、当時、長野の実家から一人暮らしのために新潟に引っ越したGくんという青年がいました。

 

筆者はそのGくんと何となくウマが合ったので、休みの日ともなれば一緒に新潟の海で釣りをしたりして遊んでいたのですが、このGくんは大変な愛犬家。

もう会うたびに実家で暮らしている愛犬の柴犬、ドンちゃんの画像を見せてきては、ドンちゃんがいかに賢いか。いかに長い時間を一緒に暮らしてきたかを自慢するのでした。

たしかその当時、ドンちゃんはもう10歳ぐらいだったので、壮年期には差し掛かっていたわけですが、Gくんにとってはドンちゃんはまさしく、長野での一番の親友といったポジションだったようです。

そんなGくんの親友ドンちゃんですが、あるとき突然、長野の実家からいなくなりました。

Gくんが実家を離れてから、たしか半年が過ぎた辺りの時期でした。

首輪に繋がれていたリードは噛み千切られており、誘拐ではなくドンちゃん自身が脱走をしたということが予想されたそうですが、Gくんのその当時の狼狽ぶりは、見ていて気の毒になるほどのものでした。

頻繁に仕事を休んでは、長野に帰省してドンちゃんを探して回る日々。

そうしてGくんは、目に見えて憔悴していったのです。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

アメリカに渡って「アメリカン・アキタ」として愛された犬たち (6.17)

  • ニュース

人が「犬を飼いたい」と思う時、そのきっかけや衝動はどこからくるのか? (6.15)

  • ニュース

ベイクドチーズケーキ【わんこも食べれる簡単ごはん】 (6.15)

  • ニュース

社交的でアウトドアにも積極的…?犬好きな人にありがちなこと (6.14)

  • ニュース

手軽にたんぱく質アップ!豆とチーズのサラダ【わんこも食べれる簡単ごはん】 (6.13)

  • ニュース

その一瞬が命取りに。犬の車内置き去り事故を防ぐ「ドック・モード」 (6.12)

  • ニュース

万年筆専門店にいる看板犬。『神田金ペン堂』のモンちゃん (6.11)

看板犬モンちゃん2
  • ニュース

犬がいると仕事ができないことを証明する写真14選 (6.7)

もっと見る

注目のグッズ

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る