TOP>ニュース > 第一回 明日のペットのために【兵藤哲夫の徒然日記】

  • ニュース

第一回 明日のペットのために【兵藤哲夫の徒然日記】

第一回 明日のペットのために【兵藤哲夫の徒然日記】

PETomorrowのみなさん、はじめまして!兵藤動物病院の兵藤哲夫です。ペットとの明日を考えるこのPETomorrowというサイトでお会いできて光栄です。長年、動物医療に携わってきた経験から、犬や猫と飼い主さんが元気にくらせるヒントなどをご紹介したいと思っています。

話題は動物医療に関する内容から、ペットを取り巻く環境、特に私が力を入れている動物福祉活動についてなど、幅広い観点から自由に語りますので、どうかお付き合いください。

獣医さんって、こんなことを考えているんだ!と理解していただき、動物病院に対する固いイメージが変化して、動物病院に気軽に足を運んでもらえるきっかけになれば幸いです。飼い主さんとペットが、元気で幸せに暮らすためのお手伝いができればよいなと考えています。

今回は第一回目なので、ちょっとした自己紹介からはじめましょう。私は静岡県袋井市に生まれました。静岡県立掛川西高等学校卒業して麻布獣医科大学(現・麻布大学)卒業し、藤井動物病院勤務に勤務した後、昭和38年、兵藤動物病院を神奈川県横浜市旭区にて開業しました。モットーは「動物と暮らす人だけが得ることのできる最高の幸せを、より多くの人に味わっていただきたい」です。

今は(社)日本動物福祉協会の理事や(財)神奈川県動物愛護協会の理事、環境省中央審議会委員などお堅い仕事を引き受けた一方で、日本フェイスペイント協会 副代表理事というちょっと面白い協会にも関わっています。また、専門学校で講師をしている他、TBSラジオの「こども電話相談室」や、大沢悠里のゆうゆうワイドなどでもおしゃべりしていました。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ボディケア用品からお菓子まで!猫好きな彼女や妻に喜ばれるホワイトデーギフト4選 (3.3)

  • ニュース

愛犬がまさかの“犬嫌い”…その原因はどこにあるのか? (3.1)

  • ニュース

亡くなったペットは死後も近くにいるの?夢に出たり、ときには帰ってくることも… (2.26)

  • ニュース

猫の辞書に「よく噛んで食べる」という文言は無い! (2.26)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る