TOP>ニュース > 犬との信頼関係が台無しになる「間違った叱り方」とは?

  • ニュース

犬との信頼関係が台無しになる「間違った叱り方」とは?

犬との信頼関係が台無しになる「間違った叱り方」とは?【いぬのはてな】

愛犬と良い信頼関係を築いていくには、飼い主さんが普段の行動を見つめ直す必要もあります。特に、愛犬を叱るときは正しい叱り方をして、心を傷つけないようにしていくことが大切。では、一体どんな叱り方をしていると愛犬との信頼関係が崩れてしまうのかを詳しく解説していきます。

愛犬との信頼関係が崩れる叱り方とは?

1.暴力をふるう

「言うことを聞かないから」「何回もイタズラをするから」といった理由から愛犬に対して怒りが湧いても、暴力をふるうのはいけません。暴力は人間とペットの絆を怖し、愛犬に敵対心を植え付けてしまいます。

また暴力で叱られても、犬はどうして怒られているのかを理解できません。粗相やイタズラの頻度が多いと、時にはイライラした気持ちになってしまうこともあるものですが、こうした時こそ、正しい叱り方をして信頼関係を深め、問題行動を解決していきましょう。

2.自分の気分で叱る

自分の気分によって犬に対する態度を変えてしまうと、信頼を得られなくなります。例えば、イタズラをしても気分によって怒ったり、怒らなかったりすると「どうして今日は怒られたんだろう…」と、愛犬が混乱してしまうことも。正しく愛犬をしつけていくには、一貫性のある態度で接していきましょう。

3.怒りを感情のままぶつけない

愛犬に対して苛立ちを抱えたとき、あなたは感情のまま怒りをぶつけてしまってはいませんか?「どうしてこんなことをしたの?」「ちゃんとしつけを守りなさい」というような台詞が口癖になっている人は要注意。愛犬との信頼関係にヒビが入ってしまう可能性があります。

ですから、普段からこうした叱り方をしてしまっている人は、これを機に愛犬の目をじっと見つめながら「ダメ」と穏やかに言い聞かせる叱り方にチェンジしていきましょう。飼い主さんに構ってほしくてイタズラをしてしまう子には、しばらく無視をし、要求に応えないようにするのも効果的です。

飼い主さんが間違った叱り方をしていると、愛犬の問題行動がエスカレートしてしまう可能性もあります。お互いに気持ち良く生活していくためにも、飼い主さんは自分の行動を客観視し、愛犬を大切にしながら、しつけを行っていきましょうね。

文/古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

もし死んであいつに会えるのならば、今すぐ死んでしまいたい【犬が死んだ朝】 (6.23)

  • ニュース

~天国の愛犬からの手紙~ ずっとあなたを守るから。 (6.22)

  • ニュース

知ってる?裁判所で活躍するコートハウス・ファシリティ・ドッグ (6.21)

  • ニュース

「もしも犬がズボンを履くとしたら…」あなたの意見はどっち? (6.20)

  • ニュース

柴犬まるが日本のペット代表としてハリウッドデビュー! (6.19)

  • ニュース

腹持ち抜群!ポテトの春巻き【わんこも食べれる簡単ごはん】 (6.19)

  • ニュース

実話。柴犬・春馬のおかげで、塞ぎ込んでいたばぁちゃんが笑顔になった (6.19)

  • ニュース

犬猫と飼い主の昔と今。それぞれの成長と絆がわかる画像18選 (6.18)

もっと見る

注目のグッズ

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る