TOP>ニュース > ペットが迷子になったとき!マイクロチップの有無が再会の期待度を左右する!

  • ニュース

ペットが迷子になったとき!マイクロチップの有無が再会の期待度を左右する!

ペットが迷子になったとき!マイクロチップの有無が再会の期待度を左右する!

みなさんは、自分の飼い犬、飼い猫にマイクロチップを装着させていますか?

ペットたちは時に、飼い主の予測だにしない行動をすることがあります。

突然の脱走を試みたりすることは、長いペットの一生のうちで、絶対に起きないとも限りません。

特に震災など、普段とは状況の異なる事態に直面すると、無理矢理にでも外に脱出しようとするペットも多いものです。

こうなったときに人間が追いかけようとしても、とても追いつかないことがほとんど。

ペットたちの本気の脱走は、たとえアスリートであっても追跡できないレベルなのです。

こうなってしまったとき、再びペットを抱く可能性を高くしてくれるのが、ペットの身元証明とも言える“マイクロチップ”ですよね。

マイクロチップを埋め込むだけで、まさかの別離の際にも一縷の希望が残る!

保護されたペットにマイクロチップが埋め込まれていたことがきっかけで所在が判明するケースは多いものです。個体を識別するための情報としてのマイクロチップの装着は、環境省も推奨しているほどに有効な迷子対策。

近年では人間も持ち歩く必要のない身分証明や電子マネーとして、マイクロチップを体に埋め込むことが一般的になりつつある時代です。
そういう時代ですので、ペットへのマイクロチップ装着事例も全く珍しいことでもありません。

マイクロチップとは15桁の数字情報が記録されたチップを、生き物の体に害のないガラスで覆った2ミリ程度の電子器具です。

数字情報には個体識別のためのデータが入っていますので、仮に脱走したり迷子になったペットが保健所に持ち込まれても、チップのおかげで飼い主の連絡先まで読み取ることが可能となります。

このマイクロチップの情報を読み取るための機器は全国の動物保護センターや保健所に配備されていますので、まさにいざという時にこれほど頼りになるものはないというわけですね。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ボディケア用品からお菓子まで!猫好きな彼女や妻に喜ばれるホワイトデーギフト4選 (3.3)

  • ニュース

愛犬がまさかの“犬嫌い”…その原因はどこにあるのか? (3.1)

  • ニュース

亡くなったペットは死後も近くにいるの?夢に出たり、ときには帰ってくることも… (2.26)

  • ニュース

猫の辞書に「よく噛んで食べる」という文言は無い! (2.26)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る