TOP>ニュース > 犬に洋服を着せる?着せない? 結局、どっちがいいの?

  • ニュース

犬に洋服を着せる?着せない? 結局、どっちがいいの?

犬に洋服を着せる?着せない? 結局、どっちがいいの?

犬にもサマークーリングタンクトップやレインコートなど、さまざまな種類の洋服が販売されています。しかし、犬にとって洋服は本当に必要なのでしょうか。「可愛いから」と、犬に服を着せることに抵抗がある方もいるかもしれません。

犬種や季節に合わせて体温調節

日本では柴犬などの和犬以外にもイギリス原産のゴールデンレトリーバーやメキシコ原産のチワワなど、寒い地域出身の犬もいれば、暑い地域出身の犬も暮らしています。それぞれ原産国も違えば被毛の長さも異なっていて、寒いのは得意だけど暑いのは苦手、あるいは、その逆パターンもあるのです。日本は、春夏秋冬、四季のある国なので、季節に合わせて犬も体温を調整すると暮らしやすくなります。特に、犬は暑いのが苦手な子が多いのですが、サマークーリングタンクトップなどの洋服を着ると、直射日光から被毛や皮膚を守ることができ、さらに保冷剤を併用することで、体温の上昇を防ぎ、熱中症を予防することもできるのです。逆に、イタリアン・グレーハウンドのように、非常に被毛が短い犬は、寒がりなので、冬にはコートなど防寒着が必需品。犬種と季節に合わせて洋服を着ることで、犬は快適に暮らすことができます。

洋服が必要な理由

体温調節以外にも犬の服には、さまざまなメリットがあります。

「被毛の汚れを防ぐ」

雨降りの日や雪が降っている日は、レインコートを着せると、濡れずに済むだけでなく、泥はねや雨や雪に含まれる不純物から身を護ることができます。

「もはやマナーのひとつ」

洋服はマナーのひとつでもあります。ドッグカフェなど、あちらこちらで被毛を撒き散らさないようにすることができます。外出時に着せてみてはいかがでしょうか。

「アレルギー、皮膚病対策」

アレルギーや皮膚病がある犬の場合、アレルゲンのホコリや花粉が直接体に付くのを防ぐことができるので、洋服を着せるといいでしょう。全身を覆うことはできなくても、リスクを減らせます。また、皮膚をかきむしってしまう場合は、服を一枚着ることで、皮膚へのダメージを減らすこともできるのです。

もちろん、犬が絶対に服を着ないといけないわけではありませんが、「おしゃれで可愛い」というだけでなく、いろいろなメリットがあるので、着せてみるのもいいのではないでしょうか。よく、服を嫌がる子がいますが、子犬のうちから洋服やレインコートを着せていると、成犬になった時、嫌がらずに服を着てくれます。

文/わたなべあや

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

意外すぎる!?ハイエナは犬と猫、どっちの仲間? (11.29)

  • ニュース

愛犬がわざと粗相…やめさせるために今すぐできる対処法って? (11.29)

  • ニュース

毎月定期的にお届け!ドッグウェアのサブスク「HAPPY DOGGY CLOSET」 (11.28)

  • ニュース

【獣医さんが勧める愛犬トレーニング】今日からやろう!愛犬のトイレトレーニング (11.28)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る