TOP>ニュース > 犬飼い主は要注意…!犬の肥満スパイラル

  • ニュース

犬飼い主は要注意…!犬の肥満スパイラル

犬飼い主は要注意…!犬の肥満スパイラル

愛犬がたくさん元気に食べて、幸せそうに眠っている姿って、見ているだけで幸せになれますよね。少し丸々と太っていると、まるで子犬のように可愛らしく見えるかもしれません。しかし、犬も肥満が原因で糖尿病になる時代。十分な栄養は必要ですが、太り過ぎには注意したいものです。しかし、「肥満スパイラル」に陥ると、犬はなかなかやせることができません。

■犬の肥満スパイラルって?

ちょっと太っているどころではなく、太り過ぎが原因で四肢や腰に痛みが生じている場合、犬は健康的にやせる必要に迫られます。必要な栄養は接種しつつ、不要なものは口にしないようにするということです。

では、必要な栄養とは何なのでしょうか。人間の食べ物ではありません。おやつでもありません。ドッグフードや手作り食だけが必要な栄養です。手作り食ならまだしも、ダイエット用のドッグフードは、犬にとって美味しい食べ物ではないことが多いので、犬によっては食事をしなくなってしまいます。肝の座った犬なら、何日も食べないこともあるでしょう。それだけではありません。犬は、飼い主さんを悩ましげな目で見つめ、「その美味しそうなものをちょうだい!」とアピールしてくるでしょう。

そんないじらしい愛犬の姿を見た飼い主さんの気持ちは大きく揺らぎます。かわいそうに、何か喜ぶものを食べさせてあげたいと。

■根負けする、その前に

「その美味しそうなものをちょっとちょうだい!ちょっとだけでいいから」。そう愛犬にせがまれて、最後まで抵抗できる飼い主さんはどれほどいるでしょう。たぶん、「じゃあ、ちょっとだけ」と人間のご飯を犬に与えてしまうでしょう。

「おねだりしたらもらえた」ということを犬は覚えてしまいます。そして、脚や腰が痛むため運動できない犬は、ストレスのはけ口を食事に求めて、ますます食欲増進。太ってしまうので、ダイエットフードから抜け出せない。でも、おねだりしたら美味しいものをくれる、という肥満スパイラルが永遠に続くことになるのです。

では、どうすればいいのでしょうか。ダイエットフードを使ってダイエットさせる場合、犬に根負けしてはいけません。もちろん、食べなくて飢えたり、病気になったりするほど、無理強いしてはいけませんが、人間の食べ物やおやつを与えないようにして、様子を見守りましょう。それでも食べてくれない、そんな場合は、手作り食に変えるのもひとつの方法です。美味しく食べてダイエットすることができます。

文/わたなべあや

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

レジ担当する可愛い店員さんは生後7ヶ月の秋田犬 (3.2)

  • ニュース

ムギ、キャリーに食われる。 (3.2)

  • ニュース

肉球には私を救ってくれるパワーがある (2.28)

  • ニュース

世界初!ペットの顔写真から病気を予測するAIが誕生 (2.27)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る