TOP>ニュース > Five Freedoms5つの自由。あなたのペットは大丈夫?

  • ニュース

Five Freedoms5つの自由。あなたのペットは大丈夫?

Five Freedoms5つの自由。あなたのペットは大丈夫?

Five Freedoms5つの自由をご存知でしょうか。もとは、家畜や動物園で飼われている動物たちが、本来暮らしている場所に近い環境で、動物らしい習慣や行動ができるようにしようという原則です。動物たちがストレスなく暮らすための「5つの自由」は、犬や猫などペットにもあてはめることができます。

■Five Freedoms5つの自由とは

60年以上前から動物園の動物たちに適用されてきた5つの自由。まずは、その内容を見てみましょう。当たり前のことのように思えますが、あなたは、あなたのペットに、当たり前のことが十分できているでしょうか。

1.飢えと乾きからの解放「正しい食事管理と新鮮な水の保障」

2.不快からの解放「清潔で心地よい住環境の保証」

3.痛み、怪我、病気からの解放「疾病予防、早期発見、治療の機会の保障」

4.恐怖と絶望からの解放「恐怖や精神的苦痛を与えられない保障」

5.正常な行動を示す自由「その動物種が持つ生来的行動を取ることの保障」

食と住環境が十分に整えられ、心身ともに健やかでいられるようにすること。そして、その動物固有の習慣や行動を行える環境であることが5つの自由では保障されるのがFive Freedom 5つの自由なのです。家畜、動物園の動物だけでなく、愛玩動物や実験動物など、すべての動物たちに5原則が適用されることが理想だと言えるでしょう。

■愛玩動物(ペット)のFive Freedomは、守られているのか

愛玩動物の場合、ひとつめの飢えと乾きからは、一般家庭では解放されていることが多いでしょう。住環境も同じく、一般家庭では室内飼いされるペットが増えてきて、暑い、寒いという不快感から解放されているペットが多いでしょう。ただ、残念ながら栄養バランスの良い食事や新鮮な水が十分与えられていないペットがいるのも事実です。さらに悲しいことに、ペットショップや繁殖場は、水さえ満足に与えられていないケースも多々あります。

他の点に関しても同じで、Five Freedomが保障されているペットが増えてきましたが、保障されていない子もいるのが現状。ペットショップや繁殖業者にいたっては、一部を除き、劣悪な環境にいる子たちがたくさんいます。

あなたのお家のペットは、どうなのか。1~4については万全でも、5は保障されているでしょうか。そもそも、犬や猫は本来どういう行動を取る動物なのか、どんな習慣を持っているのか、彼らが伸び伸び生活できるよう考える必要があります。

文/わたなべあや

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

さよならは言わない。またいつか会おうね、マリア (2.27)

  • ニュース

「大切な家族」という割に…僕が出会った無責任飼い主たち (2.26)

  • ニュース

掃除機(ウィンウィンウィンウィン…)ポメラニアン・オン・ザ・ロボット掃除機 (2.24)

  • ニュース

八村塁選手がファシリティドッグ・プログラムを応援! (2.23)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る