TOP>ニュース > 編集部厳選…!最高に心が温まる犬猫記事5選

  • ニュース

編集部厳選…!最高に心が温まる犬猫記事5選

編集部厳選…!最高に心が温まる猫記事5選

「人生って出会いだけって気がします。泣いたり、笑ったり、憤ったり、感動したり…すべてが出会いから起きていますよね」名優・高倉健さんが残した言葉はNさんと愛猫との奇跡の再会を物語っているように思えました。ぴんと伸びた脚、黒くてまあるい尻尾。なんともセクシーなポーズのフォトジェニックな猫ちゃんの名前は「せつこ」、通称せっちゃん。女の子です。

小さいけれどパワー全開!パパとママ、兄弟姉妹を守る看板犬たっくん【老犬と暮らす】

シーズーとチワワの間にできたミックス犬のたっくん。新潟県妙高高原にあるペンション『Happy Pads(ハッピーパッズ)』の看板犬です。「老犬と暮らす」第2回は、チワズーのたっくんをご紹介します。

僕、産まれるときに目を忘れちゃった

ボランティア活動をしている友達から「両目の眼球の無い仔がいたの…。どうしたらいいだろう…」とラインが届いた。捨てられていたらしく、目が見えない上に、シッポのつけ根に怪我をしていると言う。さらに「エサや水を置いても見つけて飲むことさえままならないの。外で生きるのは難しいよね」と厳しい状態がひしひしと伝わってくる。

兄弟姉妹犬の運命を分ける人との出会い【保護犬と暮らす】

仕事を終えて帰宅し、食事を済ませた後、ついうとうとする。なにせFさんご夫婦はそろって学校の教師をなさっており、子供相手に気苦労もあれば、毎日長時間労働とあって疲れもたまることだろう。「そんな時にはふっと目が覚めて夜中に散歩へ行くこともあります。ライトを点けると余計不信に思われそうで、真っ暗な中、歩いていますけど、なんか怪しいですよね」と笑うFさん。

愛犬・愛猫からの「無条件の愛」。あなたは応えてますか。そして、与えてますか。

20世紀を代表する女優の一人であり、亡くなってから60年近くたった今もなお、世界中から愛され続けているマリリン・モンロー。彼女の言葉にこのようなものがある。「犬は決して私に噛みつかない。噛みつくのは人間だけ。」

構成/編集部

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ボディケア用品からお菓子まで!猫好きな彼女や妻に喜ばれるホワイトデーギフト4選 (3.3)

  • ニュース

愛犬がまさかの“犬嫌い”…その原因はどこにあるのか? (3.1)

  • ニュース

亡くなったペットは死後も近くにいるの?夢に出たり、ときには帰ってくることも… (2.26)

  • ニュース

猫の辞書に「よく噛んで食べる」という文言は無い! (2.26)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る