TOP>ニュース > 北米最大規模!ラスベガスで行われた「SUPERZOO」に潜入!!【見本市編】

  • ニュース

北米最大規模!ラスベガスで行われた「SUPERZOO」に潜入!!【見本市編】

北米最大規模!ラスベガスで行われた「SUPERZOO」に潜入!!【見本市編】

カジノ街のイメージが強いアメリカ・ラスベガス。しかし、ホテルやコンベンションホールなどのインフラが整い、多くの世界的大型コンベンションが行われる街でもあります。そんなラスベガスで6月26日から3日間開催されたのが、ペット産業見本市「SUPERZOO」。1950年から続く見本市で歴史が古く、今年は1100以上が出展、21,000人以上のリテーラー、グルーマーなどペット業界の人たちが参加。

コンベンション内の一角には、850以上の新商品が並ぶ「New Product showcase」コーナー、最新テクノロジーを取り入れたペット商品を紹介する「Pet tech center」があり、1000以上のブースを効率よく回れるように工夫がされていました。


「New Product showcase」コーナーは、商品下にブースナンバーが書かれて、気になる商品があればその番号のブースに商談いけるようになっている


「Pet tech center」では驚くようなハイテクノロジー商品がずらり

また、アメリカらしく「Made in the USA showcase」コーナーもあり、多くの人で賑わっていました。

数年前からですが、ペット業界もンナチュラル志向で、身体にやさしく、人間でも食べれるようなペットフード、シャンプーを取り扱う店が増加。

猫を飼っていることもあり、私はついつい猫用品に目がいってしまいますが、猫用のトイレの砂も進化を遂げていました。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

今更だけど。なぜ、猫はルンバに乗るの…? (10.21)

  • ニュース

楽しいペット介護のすすめ!プロがすすめる意外な日用品 (10.19)

  • ニュース

犬の飼い主さんを助けてくれる保険の話【兵藤哲夫の徒然日記】 (10.18)

  • ニュース

第2回「川島なお美動物愛護賞授与式」 (10.18)

  • ニュース

犬猫の処分施設から、生かすための施設へ。動物保護センター写真レポート (10.17)

  • ニュース

老犬介護の入り口に立つBubuちゃん (10.17)

  • ニュース

「引退補助犬」を知る。―彼らが幸せに、安心して余生を送るために― (10.16)

  • ニュース

銀座の雑踏の中で、人々を見守っている名犬「チロリ」 (10.15)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る