TOP>ニュース > 犬に負担をかけないサマーカットとは

  • ニュース

犬に負担をかけないサマーカットとは

犬に負担をかけないサマーカットとは【いぬのはてな】

夏は暑さ対策として、愛犬にサマーカットを行う飼い主さんも多いはず。しかし、サマーカットを行うことにはメリットがある反面、デメリットもあります。

そこで今回は、正しいサマーカットとはどんなものなのかをご説明していきます。

■サマーカットのメリットとは?

見た目がガラっと変わるサマーカットは、飼い主さんの心もわくわくさせてくれます。サマーカットを行えば、愛犬のお手入れが楽になったり、汚れをケアしやすくなったりするため、被毛を清潔に保ち続けやすくなるでしょう。被毛を清潔に維持していくことは、皮膚病の予防にも繋がるので、病気のリスクも減らしていけます。

■サマーカットのデメリットとは?

サマーカットは夏の暑さを和らげてくれますが、地肌が見えるほど被毛を刈り上げてしまうと逆にデメリットを感じさせてしまうことがあります。

犬の皮膚は人間が思っているよりも、とても敏感。そのため、本来ならば被毛で守られているはずの皮膚がむき出しの状態になってしまうと、皮膚が傷つくリスクも高くなるのです。皮膚がむき出しになると、お散歩中に虫に刺される可能性も上がります。

また陽射しが強い夏は、直射日光が皮膚に直接当たることで、かえって暑さを感じさせてしまうことも…。人間からしてみれば犬の被毛は暑そうに見えますが、日よけの役割を果たしてもいるため、極端に短いサマーカットは避けるようにしましょう。

■サマーカットは部分的に行おう

丸刈りにするサマーカットはおすすめできませんが、部分的なサマーカットなら暑さ対策に繋がります。この場合はお腹や脇の下、後ろ足の付け根の毛を全身の被毛よりも短くカットするのがポイントです。

犬は暑いときにお腹を冷やし、体温を下げるため、こうした箇所をカットして暑さを逃がしやすくしてあげましょう。また、垂れ耳の犬種は、耳の内側に生えている被毛を短くカットしてあげると蒸れも防げるため、皮膚病を起こしにくくなります。

サマーカットは見栄えにこだわりたくなりますが、一番大切なのは愛犬が感じている負担を少しでも減らしていくことです。今年はぜひ、正しいサマーカットを行い、健康的に暑さを乗り越えさせてあげましょう。

文/古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ノートに書かれた小さな小さな文字【犬が死んだ朝】 (5.20)

  • ニュース

犬は雑音の中でも自分の名前を聞き分ける? (5.19)

  • ニュース

早朝から公民館に繋がれていた迷い犬 (5.17)

  • ニュース

バナナ豆乳プリン【わんこも食べれる簡単ごはん】 (5.17)

  • ニュース

人類も見習うべき!ゴミを拾い集めるリサイクルが大好な犬 (5.16)

  • ニュース

動物虐待、獣医師が報告できるよう法改正 (5.14)

  • ニュース

ピンの脱走癖【ピンがいた日々】 (5.13)

  • ニュース

その正体は何か…?犬の姿をした精霊「バーゲスト」 (5.13)

もっと見る

注目のグッズ

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る