TOP>ニュース > AI時代でも、まだまだ犬の嗅覚頼り!ニュータイプの「匂い探知犬」

  • ニュース

AI時代でも、まだまだ犬の嗅覚頼り!ニュータイプの「匂い探知犬」

AI時代でも、まだまだ犬の嗅覚頼り!ニュータイプの「匂い探知犬」

人は嗅細胞の数が約500万個程度であるのに対して、犬では犬種による差はあるものの、ジャーマン・シェパードのような犬であると2億個を超えるとされ、嗅上皮の広さも人の3~4平方センチメートルに対して、犬では18~150平方センチメートル。嗅覚受容体遺伝子の数も人は約400種類で、犬は約800種類あると言われる。

どう逆立ちしようと、人が犬に勝てるわけがない。AI型ロボットやドローン、空飛ぶ車などかつては漫画や映画の中にあったものが現実のものとしてあちこちで研究され、実用化されようとしているが、そんな時代にあっても、我らが犬たちの能力はまだまだ現役であり続けるという話題を。

以前にも海上でイルカの糞の臭いを探知する犬などという少々変わり種の探知犬をご紹介したことがあるが、今回も匂い探知犬について二つの話題があった。

一つは、アボカドの木の病気を探知する犬。以前、そのような犬がアメリカにいるというニュースはすでにあったのだが、以来、その効力についても研究がされているようである。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬よりも人間のヒゲのほうが汚い…? (4.25)

  • ニュース

全盲になったゴールデンレトリバー。後輩が盲導犬代わりに (4.25)

  • ニュース

良い飼い主さんが良い獣医師をつくるという教え (4.24)

  • ニュース

ペットの安楽死。決断する前に最善を尽くしたかよく考えるべき (4.21)

  • ニュース

愛犬の体重も測れる!DIME6月号の特別付録は「デジタルラゲージスケール」 (4.20)

  • ニュース

一頭が高齢で亡くなり、残されたもう一頭の心のケアをしてあげたい。どうすればよいか? (4.19)

  • ニュース

営利目的の無理な繁殖「パピーミル」の実態 (4.19)

  • ニュース

思わず、涙。最高の癒しの絵本「ずっと いっしょ」が登場 (4.18)

もっと見る

注目のグッズ

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る