TOP>ニュース > もっと知りたいトイプードル!歴史、性格、飼い方を学んでみよう!

  • ニュース

もっと知りたいトイプードル!歴史、性格、飼い方を学んでみよう!

もっと知りたいトイプードル!歴史、性格、飼い方を学んでみよう!

現在、日本では国内産、外国産問わず数多くの品種の犬が暮らしています。犬は長年人間と共に歩んできたパートナーですが、その長い時間の中で、しばしば品種改良を施されて、より飼いやすく、より丈夫な品種も登場することになりました。

中でも、近年ではおなじみとなった小型犬は、日本の手狭な住居環境にも適した存在と言ってもいいでしょう。そして小型犬の中にもまた、より人との暮らしに適応しやすい品種を目指して生み出された犬種も少なくありません。

今回は、ペットとしても根強い人気を持つトイプードルについて、さまざまな情報をご用意いたしました。これからトイプードルと一緒に暮らしたい方。またはトイプードルのことをもっとよく知りたいみなさま。是非とも最後までご覧いただければ幸いです。

■トイプードルの歴史が知りたい!

トイプードルのことをもっとよく知るため、手始めにそもそもトイプードルがいつごろ、どういった経緯で誕生したのか。その経緯について学んでいきましょう。

基本的には彼らも、他の品種と同じく品種改良を重ねて誕生した犬になりますが、その基となったのはいうまでもなくスタンダードなプードルです。元々プードルはヨーロッパで古くから狩りや、しっかりとした体格を頼られて荷物の運搬などの仕事を任されてきた品種です。

プードルを品種改良して誕生したバリエーションの一つ、トイプードルですが、それらしき犬の誕生の示唆は、15世紀には確認されています。それがドイツの版画家にして数学者、アルブレヒト・デューラーの版画です。

アルブデヒトはルネッサンス期に活躍した芸術家で、しばしば野ウサギやサイなど、動物をモチーフにした作品に着手していました。

その後、17世紀ごろにはフランスの貴族たちの間で愛玩されることとなりました。この時期のトイプードルは一般庶民にとってはまさに高嶺の花のような存在だったと思われます。が、その後数百年に渡って世界中に輸出され、今日のように比較的メジャーな愛玩犬の地位に座することとなったわけですね。

加えて、そもそもプードルという犬種が犬の中でも比較的知能が高いこともまた、ペットとして多くの国々で愛される一因になったと考えられます。小さく可愛くて、しかも聞き分けがいい犬というのは、犬と暮らしたいと願う人にとっては、非常にキャッチーな特徴と言えるでしょう。

■トイプードルの種類はどれぐらいある?

では次に、トイプードルの種類についても書いていきましょう。トイプードルと一口に言っても、個体ごとに個性は様々、性格も違えば、毛色も異なりますし、カット次第では全く別の犬種に見えてしまうことも珍しくありませんよね。

一番メジャーなものは、毛色が赤味がかった、通称レッドタイプではないでしょうか。ふわふわした巻き毛に、レッドの毛並みはよく馴染みます。この毛色の個体は比較的よく流通していますので、必然と飼育している飼い主も多いということになります。

レッドの毛色のトイプードルは好奇心旺盛、いたずら好きだそうです。とにかく一緒に暮らしていく中で、たくさん触れ合い、色んなことを経験して絆を深めたいという方には、オススメですね。

それから、こちらもやはり多く流通しているのがホワイトと呼ばれる、文字通り白い毛色のトイプードルです。どことなく、他のいくつかの小型犬とも似通ったイメージがあるのですが、これはトイプードル以外にも毛色の白い小型犬が、日本でも多く飼育されているからでしょう。

この毛色のトイプードルは見た目どおり汚れが目立ちやすいため、他の毛色以上にこまめなブラッシングやシャンプーをしてあげることが大切となります。

他にも、アプリコットと呼ばれる薄茶色の毛色をしたトイプードルも、よく見かけるところですよね。性質的にはレッドの毛色のトイプードルと似通っているようで、こちらも好奇心旺盛。人慣れもしやすく、やはり飼いやすいようです。

さらにはブラックのトイプードルもいます。

こちらの毛色の個体は、トイプードルの中でも比較的大人しく、しかもかなり賢い子が多いようです。元々知能の高いトイプードル。その犬種でも随一の頭の良さを誇っているわけですから、躾さえしっかりしていれば、飼い主の手を煩わせることはそうそう起こらないことでしょう。

そのブラックの毛色を、少しだけ明るくしたブルーの毛並みを持つトイプードルも存在しています。こちらの毛色のトイプードルはあまり流通しておらず、なかなかお目にかかる機会は多くありません。

ブラック系のトイプードルの両親から、まれに誕生するとされています。面白いことに子犬の頃にはブラックの毛色だったものが、成長すると徐々に青味がかった毛色に変化することでブルーとなるようです。

トイプードルもまた、他の犬猫と同じく、毛色によって微妙にその特色が異なっています。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

意外に使える、東京都のペットサイト (11.14)

  • ニュース

犬の社会化はなぜ必要?犬と楽しく暮らすコツ (11.13)

  • ニュース

思わずにっこり笑っちゃう、ワンコたちの素敵すぎる笑顔12選! (11.12)

  • ニュース

「ポメラニアンの反撃」【漫画 でかポメラニアン】 (11.12)

  • ニュース

世界中にある「犬の博物館」10選 (11.11)

  • ニュース

犬猫の「尿路結石」による疾患を防ぐためには? (11.10)

  • ニュース

アイコンタクトとジェスチャー、 どちらにより反応するかで犬の仕事が分かれる? (11.9)

  • ニュース

第1話「突如現れたヤマタノオロチ」【漫画 でかポメラニアン】 (11.9)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る