TOP>ニュース > 子犬にはやはり犬版の“赤ちゃん言葉”が有効?

  • ニュース

子犬にはやはり犬版の“赤ちゃん言葉”が有効?

子犬にはやはり犬版の“赤ちゃん言葉”が有効?

犬に話しかける時、それが特に子犬相手であると、なぜか「赤ちゃん言葉(ベビートーク)」を使う人が多い。それは、幼く、可愛いがゆえの自然な反応なのだろうか?

もちろん、人は赤ちゃんに対して、「赤ちゃん言葉」を使用して話しかけることが多々あるが、その言葉は、やがて赤ちゃんに言葉を覚えさせるという無意識の意識が働いてか、母音が強調されているそうで、言われてみれば納得という気はする。

おもしろいことに、オウムやインコの類を飼っている人は、彼らが人の言葉を模倣するため、話しかける時に赤ちゃんに話すのに似て、やはり母音が強調され気味だという(*1)。

しかし、話しかける相手が犬である場合、彼らは人の言葉を喋らないので、人が赤ちゃんやオウム類に話しかけるのに比べ、母音の強調は低くなるようだが、それでもやはり幼いものに対する話し方や、「散歩、行く?」「よ~し、いいコだ」というような犬にとってはわかりやすいだろうと思われる話し方をするのは確かだ。

こと子犬が相手であると、「ぽんぽん、見せて」「あんよ、拭こうか」など、それこそ赤ちゃん言葉を使うこともあるのでは?

これらは、言ってみれば、「犬版ベビートーク」と言えるかもしれない。そして、それを話す時には、自ずと声調も強調され気味で、ハイトーン、ハイピッチになっており、話すスピードもゆっくり目になっているのではないだろうか?

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬種の性格や行動の違いって、遺伝子の影響? (1.21)

  • ニュース

シニア犬には元気なうちから「ワンツー」サインを覚えさせよう (1.20)

  • ニュース

ワンコって不思議!犬の謎行動のオモシロ画像21選! (1.20)

  • ニュース

雪道で炎症する犬の肉球。冬に実践すべき「しもやけ対策」 (1.19)

  • ニュース

ちょんぴーという名前【ぼくと三本足のちょんぴー】 (1.18)

  • ニュース

ブルドッグの「スクリュー・テイル」と「人の奇病」との意外な関係 (1.16)

  • ニュース

崩壊した繁殖場から保護された奇跡の犬 マリア (1.15)

  • ニュース

シニア犬は後ろ脚を鍛えるべしっ! (1.14)

もっと見る

注目のグッズ

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る