TOP>ニュース > 愛犬が下痢と嘔吐に襲われたケース【わんこの症例集】

  • ニュース

愛犬が下痢と嘔吐に襲われたケース【わんこの症例集】

暑い日が続くと犬たちも体力が低下し、見た目は元気だけど下痢や嘔吐が突然発生なんてことがあります。

以前に来院したT・プードルくん10才も昨日から突然の嘔吐と下痢。

昨日より明るい下痢が始まり、次いで嘔吐が発生。特に日常は変わったことがなく、朝7時前のお散歩と夜7時過ぎのトイレ出し以外はクーラー生活で食餌も変わったものがなく、ドッグフードにお肉とお野菜煮たものを少々。

昨年の履歴から、昨年もちょうど夏7月に同じ症状を発症しています。糞便検査ではクロストリジウム菌感染症が疑われました。

過去の病歴を確認すると、どうやら昨年の7月にも同様の症状を発症しています。より詳しくお話をお伺いすると、毎朝の散歩で近所に畑があり、そこのおじさんが夏になると毎朝キュウリをくれるとのこと、このプードル君もキュウリが大好き、その場で一かけもらってお散歩から帰るとのこと。

夏場になるとキュウリが出来る

おじさんから毎朝もらう

毎日少しずつお腹が弱る

お腹の抵抗力が徐々に低下

夏の暑い状態で悪い菌がお腹に侵入

抵抗力がないので最近に負ける

細菌性腸炎が発生し下痢発生

腸炎が悪化し嘔吐発生

という流れのようです。

犬は生野菜がNG(消化できません)です。好きだからという場合には、たまに多少あげるのは構いませんが、毎日は厳しいですね。毎日の場合には必ず煮るなど加工して与える必要があります。人間と犬の消化機能はまったく違いますので注意しましょう。

なかには『うちの子は大丈夫、毎日食べてるワ』なんてコもいるでしょうが、それはトラブルになっていないだけ、便などにはハッキリとあらわれていませんが、消化管には負担となっています。

ですので野菜は『生』はNG。しっかり火を通して指でペーストに出来るくらいにしましょう。

文/鈴木隆之

プロフィール
ベルベット動物病院の院長。2008年から2012年までドッグスポーツ「アジリティー」日本代表をつとめる。
1992年 日本大学農獣医学部卒
1993-1996年 日本大学アニマルメディカルセンター勤務
1996年 ベルヴェット動物病院 開院
\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

愛犬愛猫の健康寿命を延ばすための健康診断 (9.23)

  • ニュース

第一回 明日のペットのために【兵藤哲夫の徒然日記】 (9.22)

  • ニュース

連れ去り事件、大喧嘩…ドッグランで起こり得るトラブルと原因 (9.22)

  • ニュース

飼い主と愛犬はそっくり?イギリスの写真家がカードゲームをリリース! (9.21)

  • ニュース

パニック、震え、睡眠不足…災害時に見せるペットの不安行動とは? (9.20)

  • ニュース

獣医師監修「愛犬の防災グッズ」ボックスは愛犬も大喜び! (9.17)

  • ニュース

名犬リンチンチン、実は名犬ナネットだった?【びっくり名犬シリーズ】 (9.16)

  • ニュース

犬との信頼関係が台無しになる「間違った叱り方」とは? (9.15)

もっと見る

注目のグッズ

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

こんなに毛が取れるの?わんこのお手入れにおすすめの『ファーミネーター』!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る