TOP>ニュース > 猛暑に備えて!散歩中、ワンちゃんが肉球を火傷しないためには?

  • ニュース

猛暑に備えて!散歩中、ワンちゃんが肉球を火傷しないためには?

猛暑に備えて!散歩中、ワンちゃんが肉球を火傷しないためには?

日本の夏は高温多湿。しかも町中どこを見渡しても、アスファルトでしっかりと舗装されています。その舗装はとてもありがたいことなのですが、一方で夏場の地面は、50℃にも60℃にも達すると言われています。

これじゃあとても素足で歩くことはできません……もちろん人が素足で出歩くことはありえないことなのですが。

ただ、動物は違います。

人間と違って靴を履く文化を持たない動物にしてみれば、夏場の日中は出歩くだけでも火傷のリスクを孕んでいるわけです。

まもなく本格的に暑くなりますが、そうすると、日中はとてもじゃないですが、飼い犬をお散歩に連れ出すことはできなくなります。一方で、飼い犬とのお散歩は貴重なコミュニケーションの手段であり、日課として欠かせないもの。

今回は、夏場の愛犬との散歩について、適正な時間帯を再確認することにいたしましょう!

■愛犬とのお散歩、気温が低い時間帯にやっておこう!

すでにワンちゃんと生活している方の多くが、これまで何度も夏を迎えており、その都度お散歩の時間帯についても配慮してきたことでしょう。王道はやっぱり早朝に時間をずらしてでも、毎日欠かさずに出かけることですね。早朝ならアスファルトも十分に冷えていますので、存分にお散歩をさせることが可能です。

また、この時間帯のお散歩は、飼い主にとっては良い生活習慣の維持にも繋がるので、win-winの関係性ともいえますね。

あるいはこちらもオーソドックスですが、夜間にお散歩をするのも良いでしょう。早朝に比べるとまだ地表温度は高いものの、火傷をさせるほどの熱はさすがにもうアスファルトには残っていません。

仕事から帰ってきて、家でまず一息ついて、それから愛犬とお散歩に出かけるというルーティーンも有効でしょう。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

愛犬の耳掃除、やりすぎも外耳炎の悪化を招くって本当? (11.30)

  • ニュース

愛犬が迷子になったら?探し方と迷子になる理由、予防策を解説! (11.30)

  • ニュース

意外すぎる!?ハイエナは犬と猫、どっちの仲間? (11.29)

  • ニュース

愛犬がわざと粗相…やめさせるために今すぐできる対処法って? (11.29)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る