TOP>ニュース > 猛暑に備えて!散歩中、ワンちゃんが肉球を火傷しないためには?

  • ニュース

猛暑に備えて!散歩中、ワンちゃんが肉球を火傷しないためには?

猛暑に備えて!散歩中、ワンちゃんが肉球を火傷しないためには?

日本の夏は高温多湿。しかも町中どこを見渡しても、アスファルトでしっかりと舗装されています。その舗装はとてもありがたいことなのですが、一方で夏場の地面は、50℃にも60℃にも達すると言われています。

これじゃあとても素足で歩くことはできません……もちろん人が素足で出歩くことはありえないことなのですが。

ただ、動物は違います。

人間と違って靴を履く文化を持たない動物にしてみれば、夏場の日中は出歩くだけでも火傷のリスクを孕んでいるわけです。

まもなく本格的に暑くなりますが、そうすると、日中はとてもじゃないですが、飼い犬をお散歩に連れ出すことはできなくなります。一方で、飼い犬とのお散歩は貴重なコミュニケーションの手段であり、日課として欠かせないもの。

今回は、夏場の愛犬との散歩について、適正な時間帯を再確認することにいたしましょう!

■愛犬とのお散歩、気温が低い時間帯にやっておこう!

すでにワンちゃんと生活している方の多くが、これまで何度も夏を迎えており、その都度お散歩の時間帯についても配慮してきたことでしょう。王道はやっぱり早朝に時間をずらしてでも、毎日欠かさずに出かけることですね。早朝ならアスファルトも十分に冷えていますので、存分にお散歩をさせることが可能です。

また、この時間帯のお散歩は、飼い主にとっては良い生活習慣の維持にも繋がるので、win-winの関係性ともいえますね。

あるいはこちらもオーソドックスですが、夜間にお散歩をするのも良いでしょう。早朝に比べるとまだ地表温度は高いものの、火傷をさせるほどの熱はさすがにもうアスファルトには残っていません。

仕事から帰ってきて、家でまず一息ついて、それから愛犬とお散歩に出かけるというルーティーンも有効でしょう。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬の虐待を防ぐ!大阪市が虐待の電話相談窓口を開設 (2.20)

  • ニュース

映画「PET2」の最新映像がついに解禁!! (2.19)

  • ニュース

山道を行く人にぴったり付き添う妖怪「送り犬」の謎 (2.19)

  • ニュース

「犬の散歩を禁止」している国ってどこ? (2.18)

  • ニュース

一番最初に人間に名前をあたえられた犬って? (2.17)

  • ニュース

ペットの虐待を見つけたらどうしたらいい? (2.16)

  • ニュース

年をとって、寝ていることが多い…シニア犬は運動したほうがいい? (2.14)

  • ニュース

アテネオリンピック前に実施された「野犬保護プロジェクト」 (2.13)

もっと見る

注目のグッズ

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る