TOP>ニュース > 知らなきゃ損! 知って得する「犬猫助成金」給付例

  • ニュース

知らなきゃ損! 知って得する「犬猫助成金」給付例

知らなきゃ損! 知って得する「犬猫助成金」給付例

ペットとの暮らしは楽しいものですが、反面、お世話にはなにかとお金がかかるものです。あたえるご飯、トイレなどの設備、とっさの病気に備えての保険や、定期的な検診と、大事に思えば思うほど、かかる費用は人間のそれに迫る勢いとなります。

飼育に際して、避妊・去勢の際にも1万円以上のコストがかかることになるのはよく知られていることです。

何かと財布に負担のかかることとなるペットとの暮らし。実は自治体によっては、ある程度初期の負担を肩代わりしてくれることもあります。

■ペットを迎える初期投資を行政が負担してくれる場合がある!

自治体レベルで動物と住民との穏やかな暮らしを応援してくれる地域って、結構多いものです。たとえば最近では地域猫や野良犬をペットとして迎える場合、自治体に連絡することで去勢・避妊手術の際に助成金が出る場合があることが一部で知られています。

ただ、実際に利用している方はまだまだ少ないようです。

主な理由としては、自分の暮らしている自治体が、どのようなサポートをしてくれるのかについて、自力で調べる必要があること。そして自治体によってはある期間から補助金給付などのサービスが開始されたとしても、アナウンスが足りていなかったり、突然そのサービスが打ち切られるなどの変更もしばしばあるからでしょう。

これについては、自力で市役所、区役所に問い合わせてみるのが確実となります。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ピンが帰ってきた【ピンがいた日々】 (1.22)

  • ニュース

犬種の性格や行動の違いって、遺伝子の影響? (1.21)

  • ニュース

シニア犬には元気なうちから「ワンツー」サインを覚えさせよう (1.20)

  • ニュース

ワンコって不思議!犬の謎行動のオモシロ画像21選! (1.20)

  • ニュース

雪道で炎症する犬の肉球。冬に実践すべき「しもやけ対策」 (1.19)

  • ニュース

ちょんぴーという名前【ぼくと三本足のちょんぴー】 (1.18)

  • ニュース

ブルドッグの「スクリュー・テイル」と「人の奇病」との意外な関係 (1.16)

  • ニュース

崩壊した繁殖場から保護された奇跡の犬 マリア (1.15)

もっと見る

注目のグッズ

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る