TOP>ニュース > 犬と人。目に見えるものの違いってあるの?

  • ニュース

犬と人。目に見えるものの違いってあるの?

犬と人。目に見えるものの違いってあるの?【いぬのはてな】

犬と言っても、シーズーやマルチーズのように鼻ぺちゃ顔の犬と柴犬やラブラドールレトリーバーのように鼻が長い犬がいます。鼻ぺちゃ顔の犬の目は、人間のように顔の前側に付いていることが多く、鼻が長い犬の目は顔のやや横側についていて、それぞれ視野が違います。鼻ぺちゃ顔の犬の場合、視野はほぼ人間と同じ。鼻が長い犬は、前方はもとより、250度~270度の角度まで見えています。

■遠くのものでも動いていたら見える

視野が広い犬でも、動いていないものを見るのは苦手。150mしか離れていなくても、匂いがしなければ気づくことができません。たとえば、リスは、犬から見えないように、動きを止めることがあるのです。ところが、動いているものは、遠く離れていても見ることができ、1km離れていても大丈夫。しっかり捉えることができます。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

『お尻ドライヤー』のために並ぶワンニャン3兄妹が愛おしすぎる(笑) (5.12)

  • ニュース

犬が原因で離婚できないかもしれない (5.11)

  • ニュース

夏に向けて!愛犬のための庭、危険害虫対策は万全? (5.11)

  • ニュース

テーマは「for your loved one 」犬と人のライフスタイルブランド「CORY... (5.9)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る