TOP>ニュース > 犬と人。目に見えるものの違いってあるの?

  • ニュース

犬と人。目に見えるものの違いってあるの?

犬と人。目に見えるものの違いってあるの?【いぬのはてな】

犬と言っても、シーズーやマルチーズのように鼻ぺちゃ顔の犬と柴犬やラブラドールレトリーバーのように鼻が長い犬がいます。鼻ぺちゃ顔の犬の目は、人間のように顔の前側に付いていることが多く、鼻が長い犬の目は顔のやや横側についていて、それぞれ視野が違います。鼻ぺちゃ顔の犬の場合、視野はほぼ人間と同じ。鼻が長い犬は、前方はもとより、250度~270度の角度まで見えています。

■遠くのものでも動いていたら見える

視野が広い犬でも、動いていないものを見るのは苦手。150mしか離れていなくても、匂いがしなければ気づくことができません。たとえば、リスは、犬から見えないように、動きを止めることがあるのです。ところが、動いているものは、遠く離れていても見ることができ、1km離れていても大丈夫。しっかり捉えることができます。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ボディケア用品からお菓子まで!猫好きな彼女や妻に喜ばれるホワイトデーギフト4選 (3.3)

  • ニュース

愛犬がまさかの“犬嫌い”…その原因はどこにあるのか? (3.1)

  • ニュース

亡くなったペットは死後も近くにいるの?夢に出たり、ときには帰ってくることも… (2.26)

  • ニュース

猫の辞書に「よく噛んで食べる」という文言は無い! (2.26)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る