TOP>ニュース > 「約束だよ すてたり いじめたり しないって」小さな命を救うために啓発電車が走る

  • ニュース

「約束だよ すてたり いじめたり しないって」小さな命を救うために啓発電車が走る

「約束だよ すてたり いじめたり しないって」小さな命を救うために啓発電車が走る

現在日本では、15歳以下の子供の数を大きく上回る数の犬猫が飼育されており、今や家族の一員としては勿論、社会の一員として認められつつある。

しかし、一方では飼育放棄、遺棄、動物虐待、ご近所とのトラブルなどが後を絶たず、いまだに多くの犬や猫が殺処分されているのが現状だ。

犬猫の殺処分に関しては、平成28年度は113,799頭が行政の動物愛護センターへ持ち込まれ、55,998頭が殺処分された。特に、猫は殺処分数の8割以上を占めている。

そんな中、和歌山で小さな命を救うための啓発電車が走る。

2018年6月18日(月)13:02伊太祈曽駅発 和歌山行よりスタート3年間運行予定。6月18日(月)12:45より和歌山電鐵 貴志川線 伊太祈曽駅にて出発式を行う。

公益財団法人日本動物愛護協会は、動物たちの置かれている状況を知ってもらい、改善するため、猫を駅長として大切に育てている和歌山電鐵とタッグを組み、ラッピング電車、車内掲示により、動物愛護について発信、啓発を行い、動物たち(特に猫)を幸せにする活動により、殺処分の低減を目指す。

車両デザイン


犬と猫のイラストを使ったとってもかわいい車両。

車内ドア横には8枚のポスターを使って本協会の推奨する飼い主に必要な10の条件を掲示、飼い主責任を訴える。


社内中吊りでも猫たちを救うため、わかりやすく問いかける。

イラスト:Ⓒボンボヤージュ/ボン社

関連情報/http://jspca.or.jp/
構成/編集部

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ボディケア用品からお菓子まで!猫好きな彼女や妻に喜ばれるホワイトデーギフト4選 (3.3)

  • ニュース

愛犬がまさかの“犬嫌い”…その原因はどこにあるのか? (3.1)

  • ニュース

亡くなったペットは死後も近くにいるの?夢に出たり、ときには帰ってくることも… (2.26)

  • ニュース

猫の辞書に「よく噛んで食べる」という文言は無い! (2.26)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る