TOP>ニュース > カクテルを飲むと1ドルが犬猫の保護施設に寄付される、ユニークな樽型バー

  • ニュース

カクテルを飲むと1ドルが犬猫の保護施設に寄付される、ユニークな樽型バー

カクテルを飲むと1ドルが犬猫の保護施設に寄付される、ユニークな樽型バー

ロサンゼルスの観光スポットで映画のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド」。そこから車で10分ほど北へ行った場所に、見た目は美術館か博物館のような、ユニークな樽型バー「Idle Hour」があります。

重厚な木材素材で、見るからに大きな樽。建物の中に入っても樽のカタチがわかります。

1940年代、車産業が盛んになった時期、ドライブしながらでも目立つようにと動物などの建物が流行り、そのひとつに樽型のカフェが誕生。1970年代には「La Caña」というフラメンコバーになりましたが、ほどなく閉店。そして、2015年、75年の歴史を持つこの建物が「Idle Hour」として、地元の人をはじめ、多くの人に愛される店へと生まれ変わりました。

樽のカタチが印象的ですが、実は中庭にもうひとつロサンゼルスを象徴する面白いブルドック型の建物があります。これは1960年代初期、タマレス(メキシコ料理)とアイスクリームを販売していたカフェのレプリカ。愛嬌あるブルドックの建物の中は、現在はバーの貸し切りスペースとして使用。使われていなときは中を見学できます。

ブルドックが置かれている中庭では、地元ミュージシャンの演奏が行われ、連日賑わっています。

このブルドックにちなんで、店内にはブルドックの置物がちらほら。ペットフレンドリーなため、犬を連れて飲みに来る人も多く見られます。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

愛犬と食べたい♪さつまいもの簡単レシピ&栄養素や注意点まとめ (9.19)

  • ニュース

いまさらだけど、どうして犬の鼻は冷たく濡れているの? (9.18)

  • ニュース

バーガーキングからドッグフード付きのセット「BOWWOW KING」が登場! (9.18)

  • ニュース

犬が苦手だった文豪・芥川龍之介。そこには納得の理由が… (9.16)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る