TOP>ニュース > 世界最古の犬!「王家の犬」サルーキの特徴とは?

  • ニュース

世界最古の犬!「王家の犬」サルーキの特徴とは?

世界最古の犬!「王家の犬」サルーキの特徴とは?【いぬのはてな】

犬は、約1万2千年前から、人間と共に生活をしてきました。

そんな中でも、家庭犬として最も古い犬種のひとつだといわれているのが、サルーキです。現在のイラク南部にある、シェメール帝国の遺跡では、サルーキに似た絵が描かれた最古の彫刻が見つかっています。

サルーキはイラクからエジプトやペルシャ、アフガニスタンへと広まり、エジプトでは王家の犬として認識されていました。それほど高貴な犬種であったため、ミイラにされることも多かったのだとか。

また、通常、イスラムのある宗教で犬は不浄な動物だと考えられていますが、サルーキだけは信者の家で人間と共に生活ができていたのだともいわれています。

そんなサルーキにはハンターとしての才能もあり、バツグンのスピード感は多くの人から愛される要因のひとつとなりました。

そのため、12世紀になると、ヨーロッパの有権者への贈り物としてサルーキが選ばれることが増え、1840年代にイギリスへと広まっていくようになったのです。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

冬の散歩は足が冷える!犬のために、専用の靴を履かせるのはあり? (12.4)

  • ニュース

シンクロ歩きをするハスキーとコーギー (12.4)

  • ニュース

小学生のころ、猫の標本を見て知った“大切に扱わなければ”という思い (12.3)

  • ニュース

愛犬が病気にならないための正しい抱っこ方法【兵藤哲夫の徒然日記】 (12.3)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る