TOP>ニュース > 愛犬を迷い犬にしないために。 今日からできる対処法!

  • ニュース

愛犬を迷い犬にしないために。 今日からできる対処法!

愛犬を迷い犬にしないために。 今日からできる対処法!

街の掲示板やインターネットのSNSで、行方不明になった愛犬を探している飼い主さんの書き込みを、見かけることがあると思います。大切な愛犬を迷い犬にさないための対処法や、気をつけるべきことをご紹介します。

散歩中や外飼育のアクシデントに要注意‼︎

犬が迷い犬になる原因はさまざまですが、散歩や外飼育などで何らかのアクシデントが発生して、引き起こされることが多いと言われています。

では、散歩中や外飼育の環境で、愛犬が迷い犬になりやすいアクシデントには、どのようなものがあるのでしょうか?

◇散歩中に起こりやすいアクシデント

  • 花火やサイレンなど苦手な音に驚いて犬が暴れる
  • リードが切れる
  • 首輪や胴輪が抜ける
  • 猫やその他の動物を見て興奮して追いかけようとする

◇外飼育で起こりやすいアクシデント

  • 犬小屋と犬を繋いでいた鎖や綱が切れる
  • ケージの扉が壊れる

このようなアクシデントに遭遇すると、犬は驚いて逃げようとする、興味のあるものを追いかけようとするなど、本能的な行動をすることがあります。

愛犬を迷い犬にしないためには、「○○が起きたら、結果はこうなる」という、犬の本能的な行動を予測して対応するのが重要なのです。

覚えておきたいアクシンデント対処法

では、上に挙げたアクシデントが起きた場合の、予測対応について考えてみましょう。

散歩時のアクシデント予測対応

□ 愛犬に引っ張りグセがある
・ 持ち手の滑り止め効果が高い、ラバー素材を使用したリードにする
・ 首輪や胴輪は、サイズが合っていて、抜けにくい素材のものを選ぶ

□ リードなどの破損に備える
・散歩前には必ず、リードや首輪、胴輪などの状態をチェックする。傷みがある場合は、新しいものを使用する
・急な破損に備えて、替えのリードを持ち歩く

□ 猫などの動物に興奮する
・ 愛犬が興奮しやすい動物をいち早く見つけて、散歩コースを変更する
・ 興奮する動物に遭った時は、落ち着いたトーンで声をかけて安心させる

□ 花火やサイレンに怯える
・しっかりとリードを持つ
・持ち手の滑り止め効果が高い、ラバー素材を使用しているリードを選ぶ
・首輪や胴輪は、体型に合ったサイズで抜けにくい素材のものを選ぶ
・ 花火の音が聞こえたら、落ち着いたトーンで声を掛けて安心させ、帰宅する

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

勝ったのは?本日も恒例のガウガウタイム (4.11)

  • ニュース

ドッグコテージに年間10泊できるサブスク型定額プランが販売! (4.10)

  • ニュース

愛犬と海のお散歩は最高!だけど注意したい危険ポイント (4.8)

  • ニュース

ワンコ撮影隊出動!インターペットで出会ったキュートな犬たち (4.7)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る