TOP>ニュース > 愛犬にお試しあれ!スマートな「オトナの食事術」

  • ニュース

愛犬にお試しあれ!スマートな「オトナの食事術」

愛犬にお試しあれ!スマートな「オトナの食事術」

生後数ヶ月の頃から大事に育て、気がつけば愛犬もシニアの部類に入る年になったとしみじみしている飼い主の方も多いだろう。年をとればとるほど可愛さも増すものだが子犬のときから変わらぬちょっとした困りごともあるのではないだろうか。

例えば食事。犬にとってガツガツと本能むき出しでエサを食べることは当たり前だ。空腹を感じているときはわずか1分程度でペロリと平らげてしまうことも。しかし、食事中に近づくと「ウゥ〜ッ」と唸り声をあげ、ゴハンをとるなといわんばかりに威嚇する犬がいる。「それ、うちの犬!」と手を挙げた飼い主のみなさん、今から「オトナの食事術」を愛犬に教えてみませんか。

愛犬がスマートにごはんを食べるようになるコツ2

1)成犬の場合、おやつ→食事の順で与え、独占しなくても安心であることを教えよう。ベストなのは子犬の頃から食器に手を入れ、体に触ってあげて誰も食事をとらないということをわからせてあげることだ。

2)愛犬に唸られたら、飼い主も「ウーッ」と唸り返してみよう。これは行儀の悪さを注意していることになる。愛犬が唸るのをやめたら体に触らず言葉だけで褒めてほしい。むやみに触るとキバをむくこともある。

どうしても唸り癖が治らない場合は、最終手段としてドッグトレーナーに相談を。またなかには、歯痛が原因で声を上げている犬もいる。食事の様子がおかしいと感じたら病院で検査してもらおう。

シニア犬らしく食事ができるようになったら、次はおやつ。ご褒美につられてそのときだけ良いコにする犬は多いが、オトナになれば何もなくても飼い主の指示に従えるもの。愛犬が一段階上のレベルにいくために、下記のような方法を試してほしい。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

冬の散歩は足が冷える!犬のために、専用の靴を履かせるのはあり? (12.4)

  • ニュース

シンクロ歩きをするハスキーとコーギー (12.4)

  • ニュース

小学生のころ、猫の標本を見て知った“大切に扱わなければ”という思い (12.3)

  • ニュース

愛犬が病気にならないための正しい抱っこ方法【兵藤哲夫の徒然日記】 (12.3)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る