TOP>ニュース > 言葉を覚えたインコ、犬を叱る【くずくまダイアリ】

  • ニュース

言葉を覚えたインコ、犬を叱る【くずくまダイアリ】

言葉を覚えたインコ、犬を叱る【くずくまダイアリ】

インコがある日、私の叱り声を突然マネしだした。

「コラ!!」「コラ―――!!」「ダメッ!!」などとバリエーション豊かに犬を叱るインコ。

その度に犬は体を硬直させ「なんだ、インコか・・・」という顔をする。

そう、私が犬を叱っているのを見てインコは犬が反応するワードを覚えてしまったのである。

インコなどの鳥類が人の声真似をするのは人とのコミュニケーションが嬉しいからだと言う。

犬のオーバーリアクションが癖になったのであろう。

インコの前で犬を叱ってはいけない。

そんな教訓を学んだ事件であった。

エピソードはほとんどが実話をもとに再構成されたものですが、実在の個人・団体とは関係ありません。

作品提供/くずくま

くずくま
 人間の中身を描きたいのでいままでの思い出をマンガにします。twitterもフォローしてくだると新作情報などを受け取ることができます。よかったら、コメント等してもられるとうれしいです。不快な思いをされた方はごめんなさい。

note「くずくまダイアリ」
https://note.mu/ccbm

twitter「くずくまダイアリ」
https://twitter.com/ccbmccbm?lang=ja

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
https://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ペットだけでなく、すべての命を大切にするということ (11.20)

  • ニュース

1年以上も岩場にひとりぼっちの犬。韓国版忠犬ハチ公 (11.20)

  • ニュース

「犬カフェ」と「ドッグカフェ」の違いって? (11.19)

  • ニュース

大泉洋さんとベイビーグリンチがミニオンの『イエロー・クリスマス』に悪だくみ! (11.19)

[PR]
  • ニュース

中には死亡することも…消えゆく“ドッグレース” (11.18)

  • ニュース

捨て犬の為に全力を尽くす。犬を救う旅を続けるメキシコの男性 (11.18)

  • ニュース

犬にも発症する難病「筋ジストロフィー」の遺伝子治療が成功 (11.17)

  • ニュース

幸せを手に入れた元・保護犬たち。家族との写真に心が温まる。 (11.17)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る