TOP>ニュース > 春だからと油断は禁物。春の道路の表面温度も想像以上に高温!

  • ニュース

春だからと油断は禁物。春の道路の表面温度も想像以上に高温!

春だからと油断は禁物。
春の道路の表面温度も想像以上に高温!

「熱中症は夏だけではなく春にも注意」と、先日お伝えしたが、今回は春の道路の温度について考えてみたい。真夏の日中は気温も高く、散歩の時間を考えて早朝や夕方、夜に散歩をする人が多いのではないだろうか。しかし、今の季節はどうだろう。新緑の気持ち良いこの季節、外気温は20℃~25℃と人間にとってはとてもすごしやすい季節。

そのため、あまり道路の表面温度に注意していない人もいるのではないだろうか。気温は高くないと思っても、意外にも道路、特にアスファルトは想像以上に温度が高いのだ。今回は、主にアスファルトや道路上にある物の表面温度を測ってみたので、画像で紹介したい。アスファルトの道路が主な散歩コースとなっている飼い主さんにとって、お散歩の時間を考える際の参考になれば幸いである。


東京都内 4月下旬 午後3時 気温24℃

表面温度を測ることのできる温度計で、道路や地面の表面温度を測ってみた。4月下旬 午後3時。東京都内の気温は24℃。風も吹いているせいか、人間の体感的には特に暑く感じることもなく心地よい感じだ。しかし、アスファルトの表面温度は47℃。手で触ってみると、素足で歩くには熱いと感じる。


東京都内 4月下旬 午後3時 気温24℃

道路のすぐ側にある日陰の温度を測ってみると、26.9℃。同じ場所でも陽の当たっている場所と日陰とでは約20℃も違っていた。


東京都内 4月下旬 午後3時 気温24℃


東京都内 4月下旬 午後3時 気温24℃

しかし、マンホールの蓋部分を測ってみると、なんと50.5℃。さらに高い温度を示したのが意外にも道路の側溝部分によくある段差を緩和するステップだ。色が黒いステップだということもあるが、この日はなんと55.2℃を示していたのだ。外気温が24℃で、さほど暑く感じなくても、アスファルトはそれ以上の温度であるのはもちろんのこと、道路上にある様々なものの温度にも気を付けていかなければならない。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬は雑音の中でも自分の名前を聞き分ける? (5.19)

  • ニュース

早朝から公民館に繋がれていた迷い犬 (5.17)

  • ニュース

バナナ豆乳プリン【わんこも食べれる簡単ごはん】 (5.17)

  • ニュース

人類も見習うべき!ゴミを拾い集めるリサイクルが大好な犬 (5.16)

  • ニュース

動物虐待、獣医師が報告できるよう法改正 (5.14)

  • ニュース

ピンの脱走癖【ピンがいた日々】 (5.13)

  • ニュース

その正体は何か…?犬の姿をした精霊「バーゲスト」 (5.13)

  • ニュース

チキンロール【わんこも食べれる簡単ごはん】 (5.12)

もっと見る

注目のグッズ

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る