TOP>ニュース > ポキッとならないように…犬の骨折予防策とは?

  • ニュース

ポキッとならないように…犬の骨折予防策とは?

ポキッとならないように…犬の骨折予防策とは?【いぬのはてな】

子犬や小型犬は、些細な衝撃で骨折してしまうことも多いものです。

犬の骨折は0歳の発生率が高く、ソファーや椅子の周辺で発生しやすいといえます。

だからこそ、飼い主さんは予防策を取りながら、骨折させない環境を作っていきましょう。

・おうちの中で必要な骨折予防策

犬には猫のようなジャンプ力がありません。

そのため、おうちの中のちょっとした段差でつまずき、骨折をしてしまうこと多いでしょう。

つまずきや踏み外しなどを防ぐためには、段差の近くにスロープを設けるのがおすすめです。

そして床がフローリングである場合は、滑った拍子に骨折をしてしまうこともあるので、厚手のカーペットやラグなどを敷きましょう。

おうちの中全体に敷くのが難しいときは、ベッドやソファーのような犬がよく飛び降りる場所の下に敷くのがポイントです。

また、足裏の毛が伸びすぎているとフローリングで滑りやすくなってしまうため、肉球が見えるよう、定期的にカットしてあげましょう。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

愛犬を乗せている自動車の掃除方法を大紹介 (12.7)

  • ニュース

食いしん坊な愛犬、どうすればダイエットに成功できる? (12.7)

  • ニュース

犬の体重を人間に換算するとどのくらいなの? (12.5)

  • ニュース

冬の散歩は足が冷える!犬のために、専用の靴を履かせるのはあり? (12.4)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る