TOP>ニュース > アメリカ同時多発テロで犠牲となった爆発物探知犬

  • ニュース

アメリカ同時多発テロで犠牲となった爆発物探知犬

アメリカ同時多発テロで犠牲となった爆発物探知犬【いぬのはてな】

アメリカ・ニューヨークにある、ワールド・トレード・センターのツインタワーに飛行機が激突した同時多発テロ。

この事件では多くの人の命だけでなく、「シリウス」という一匹の犬の命も失われました。

シリウスは、嗅覚を活かして危険な爆弾や武器を発見する爆発物探知犬。

ワールド・トレード・センターで勤務しながら、ニューヨーク市警のデイビッド・リム巡査とともにさまざまな事件を解決してきたのです。

この日もふたりは、ワールド・トレード・センターの南側のビルで仕事をしていました。

すると、突然北側のビルに飛行機が激突してきたのです。

驚いたデイビッドは安全のため、シリウスを地下の犬小屋に入れ、自分は地上の様子を見に行くことにしました。

しかし、その17分後、南側のビルにも飛行機が激突し、シリウスは6人の消防士や1人の負傷女性ともに地下に閉じ込められてしまったのです。

事件発生から5時間後、地下に閉じ込められた7人は無事に救助されました。

しかし、シリウスだけは残念ながら助からず、この事件で命を落とした唯一の犬になってしまったのです。

こうしたシリウスの死を悲しんだのは、パートナーであったデイビッドだけではありませんでした。

そのため、事件後には追悼式が行われることになり、K-9隊(警察犬)やアメリカ全土からおよそ400人以上の人たちが参列し、シリウスの死を惜しんだとされています。

また、事件現場となってしまったワールド・トレード・センターの近くにあるバッテリー・パーク・シティという公園には犬専用の広場「シリウス・ドッグラン」が設けられることになりました。

人間だけではなく、シリウスの命をも奪った同時多発テロは、今でも人々の心に大きな悲しみを残しています。

だからこそ、どれだけ年月が経っても、こうした事件があったのだということをしっかりと心に刻んでいたいものですね。

文/古川 諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

大型台風を経験して考える。人とペットの災害対策ガイドライン (10.17)

  • ニュース

「やられた〜」今日も食べられています。 (10.16)

  • ニュース

その昔、犬は「ひよ」と鳴いていた。 (10.15)

  • ニュース

犬はなぜ、人が落ち込んでいるのが分かるのか… (10.12)

  • ニュース

「じりっ…」キャリーちゃん、後ろ後ろっ! (10.11)

  • ニュース

東京・千駄ヶ谷の週末の愛犬家の隠れ家和食店「MUTO」 (10.10)

  • ニュース

DOG DEPT2019年~2020年秋冬物チェック【ドッグウェア通信】 (10.7)

  • ニュース

犬猫殺処分施設で働くということ。実際に働く女性を描いた「犬房女子」 (10.7)

もっと見る

注目のグッズ

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る