TOP>ニュース > 日本に初めて盲導犬がやってきたのはいつ?

  • ニュース

日本に初めて盲導犬がやってきたのはいつ?

日本に初めて盲導犬がやってきたのはいつ?【いぬのはてな】

盲導犬は目の不自由な人にとって、大切なパートナーともいえる存在です。

アメリカでは1929年に盲導犬を育成する「シーイング・アイ協会」が設立されましたが、日本に初めて盲導犬が輸入されたのは、それから10年後の1939年だといわれています。

この年にアメリカから輸入された訓練済みの盲導犬は、日本で最初の盲導犬だとされています。

そして、1957年には実際に日本でも盲導犬の訓練が行われるようになりました。

この訓練を行った盲学校教諭の塩屋賢一は日本で、盲導犬の父とも呼ばれています。

その後、1989年には塩谷氏が主宰した「東京盲導犬協会」が「アイメイト協会」へと名称変更されました。

そのため、現在では盲導犬のことをアイメイトと呼ぶ人もいます。

日本で盲導犬として一時期大活躍していたのが、シェパードでした。

シェパードは知的で忠実な性格であるため、盲導犬にぴったりだと考えられていましたが、周りの人に怖がられやすかったり、デリケートな感覚を持っていたりしたため、次第に犬種が再検討されるようになっていったのです。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ボディケア用品からお菓子まで!猫好きな彼女や妻に喜ばれるホワイトデーギフト4選 (3.3)

  • ニュース

愛犬がまさかの“犬嫌い”…その原因はどこにあるのか? (3.1)

  • ニュース

亡くなったペットは死後も近くにいるの?夢に出たり、ときには帰ってくることも… (2.26)

  • ニュース

猫の辞書に「よく噛んで食べる」という文言は無い! (2.26)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る