TOP>ニュース > 【動画】ドッグシェルターで新しい飼い主と出会うビーグル。

  • ニュース

【動画】ドッグシェルターで新しい飼い主と出会うビーグル。

【動画】ドッグシェルターで新しい飼い主と出会うビーグル。

ここはドッグシェルター。さまざまな事情で保護されたワンちゃんたちが、新しい飼い主との出会いを待っています。欧米にはペットショップがないので、新しく犬を迎える人は、ブリーダーもしくはドッグシェルターで、家族を探すのです。とても広々としたお部屋は、心地いいけれど、やっぱり淋しい。一匹のビーグル犬が、自分を愛してくれる人が現れないか、ずーっとガラスの外を見つめています。

とうとう隣の犬は、新しい家族が決まって、ついにシェルターを出ていきました。なんて淋しいんだろう。

犬を探しに来た人は、どんどんビーグルの前を通り過ぎていきます。「こんなに熱い視線を送っているのに、どうしてボクじゃあだめなの。また、あの子も通り過ぎてしまったよ」。

ところが、一度は通り過ぎた金髪の少女が戻ってきてくれました。「あれ!もしかして、ボクのことを見てる!?」。そう、この子にもやっと家族ができたのです。

薪に火がくべられ、暖かな炎がゆらめく暖炉の前で、安心して眠る少女とビーグル犬。ここには平和な時が流れています。

環境省によると、平成28年度、保健所に引き取られた犬の数は41,175頭、猫が72,624匹です。この中には、所有者が不明の犬や猫もいますが、飼い主自身が持ち込んだ子も多数含まれます。なかには、無事、飼い主が現れて、元の家に戻れた子もいますが、殺処分された犬は10,424頭、猫は29,654匹にも上ります。動物愛護団体が保護している子も数に含めると、いったい何頭の子が、安住の地を求めているのでしょうか。

犬や猫を家族に迎えたい、そう思ったら、保健所や動物愛護団体で保護されている子にも目を向けてみませんか。ビーグル犬と少女のように、きっとそこには、かけがえのない出会いがあるはずです。

文/わたなべあや

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

愛犬と食べたい♪さつまいもの簡単レシピ&栄養素や注意点まとめ (9.19)

  • ニュース

いまさらだけど、どうして犬の鼻は冷たく濡れているの? (9.18)

  • ニュース

バーガーキングからドッグフード付きのセット「BOWWOW KING」が登場! (9.18)

  • ニュース

犬が苦手だった文豪・芥川龍之介。そこには納得の理由が… (9.16)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る