TOP>ニュース > 老犬介護経験者、約8割が苦労したのは「◯◯の処理」

  • ニュース

老犬介護経験者、約8割が苦労したのは「◯◯の処理」

間除菌脱臭機「ジアイーノ」を販売するパナソニックは、年々注目度の増している「ペット介護」にフォーカスをあて、老犬の介護経験者500名に対し調査を行った。

■老犬介護経験者、約8割が苦労したのは「トイレの処理」

医療やフードなどの改善により、平均寿命が延びたペットたち。長く一緒にいられるのは喜ばしいことだが、高齢化が進んでいる、とも言い換えられる。それに伴い、年を取り、衰えたペットの介護についても年々注目度が高まっているようだ。

そこでパナソニックでは、老犬の介護を経験した人500名に調査を行い、その実態を探った。

まず、これまでに介護した犬の症状を聞いてみたところ、6割が回答した「食事にひと手間かける必要がある」(60%)に続き、4割以上が「寝たきりになっている」と回答(42%)。

重労働になりがちな寝たきりの介護が大きな割合を占めており、老犬介護の大変さがうかがえる。また、「介護の中で苦労した点」について尋ねると、1位は約8割が回答した「トイレの処理」(77%)。

おむつを取り替えたり、汚れた体を拭いてあげたり、床を掃除したりと、工程が多いことや、ニオイ対策が必要だったことなどが理由と考えられる。以降、2位に「食事の介助」(62%)、3位「歩行の補助」(59%)と続いた。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

2021年の「動物愛護週間」はインスタライブやオンラインでの施設見学会、健康・しつけ相談を... (9.27)

  • ニュース

犬よりも「人間のヒゲ」のほうが汚い…? (9.26)

  • ニュース

一匹の猫に何個の「リターボックス」が必要になる? (9.25)

  • ニュース

「自分を犬だと思ってない犬」が、鏡に映る自分を見た時の表情がこちら! (9.22)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る