TOP>ニュース > 小さいけれどパワー全開!パパとママ、兄弟姉妹を守る看板犬たっくん【老犬と暮らす】

  • ニュース

小さいけれどパワー全開!パパとママ、兄弟姉妹を守る看板犬たっくん【老犬と暮らす】

小さいけれどパワー全開!
パパとママ、兄弟姉妹を守る看板犬たっくん

シーズーとチワワの間にできたミックス犬のたっくん。新潟県妙高高原にあるペンション『Happy Pads(ハッピーパッズ)』の看板犬です。「老犬と暮らす」第2回は、チワズーのたっくんをご紹介します。

■人間の無知が原因でできてしまったワンコ

今年11歳のお誕生日を迎えたので、そろそろ本格的なシニア期に突入といったところでしょうか。とても幸せそうなのですが、実はたっくんは予期せぬ妊娠でできてしまった子なんです。

たっくんの今のお父さんとお母さんは、シーズー犬の女の子をニ匹飼っていました。「そろそろ二匹ともいつ亡くなってもおかしくない年頃だし、次の子のことも考えないと寂しくなるよね」と話していた矢先、いつも通っている獣医さんから子犬が産まれるので、もらってくれないかと頼まれました。

どんな子なのかと思ったら、なんと予期せぬ、無計画な妊娠だったというではありませんか。シーズーとチワワを飼っていた人が、避妊も去勢もしないで、男の子と女の子を多頭飼いしていたのです。おまけに、獣医さんに「避妊していましたか」と聞かれたら、「はい」と答えたというのですから、ちょっとどうかしているとしか思えません。

とにもかくにも子犬は成長していくし、誰か貰い手をということで、シーズー犬を飼っていた今のご両親に白羽の矢が立ったのです。犬を妊娠させてしまった人は、とても細かく妊娠の経過や出産後の体重などノートにつけていました。どうやら、妊娠はさせてしまったけど、犬を邪険に扱っていたわけではないようです。ただ、無知というのは罪なのではないでしょうか。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

野性爆弾のくっきー!が挿絵を描いた、奇跡のコラボレーションから誕生した絵本「リクはよわくな... (4.14)

  • ニュース

愛犬と行けるランチスポット湯河原編「恵比寿茶屋」 (4.14)

  • ニュース

ホームレスのおじいさんとその愛犬の思い出 (4.13)

  • ニュース

愛犬と一緒に思い出を紡ぐ。ザ・キャピトルホテル東急のドッグフレンドリー宿泊プランがリニュー... (4.13)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る