TOP>ニュース > 「ザキトワ効果」で脚光を浴びる秋田犬

  • ニュース

「ザキトワ効果」で脚光を浴びる秋田犬

「ザキトワ効果」で脚光を浴びる秋田犬

平昌五輪のフィギュアスケート女子で金メダルを獲得したロシアのアリーナ・ザキトワ(15)が、金メダルを獲得したご褒美に「秋田犬」を欲しがっているというニュースが流れた。すると公益社団法人秋田犬保存会(秋田県大館市)が「生後3カ月ぐらいのメス1頭」を贈呈する意向を示し、ザキトワも「マサルと名付けます。日本語で“勝利”の意味です」と喜んでいることが報じられた。

「ザキトワ効果」のおかげで秋田空港で販売されていたぬいぐるみが完売するなど、にわかに脚光を浴びている秋田犬。忠犬ハチ公のモデルとして知られているが、ほかにはどんな特徴があるのだろうか。

体格は?
秋田犬は狩猟犬であるマタギと洋犬との交配をへて、明治時代に秋田県大館市で誕生した。犬日本犬として国の天然記念物に指定されている6種のうち唯一の大型犬で、成犬のオスともなれば体高67cm前後、体重40〜60kg。メスでも体高60cm前後、体重30〜50kgと大きい。手足が長く、腰高な体型をしている。三角の耳とクルッと丸まったしっぽも特徴的だ。

性格は?
忠犬ハチ公からもわかるように、飼い主に忠誠を誓う。その忠実さに感銘を受けたアメリカ人社会福祉活動家のヘレン・ケラーは、初来日時に秋田犬を祖国へ連れ帰ったほどだった。

一方で先祖が猟犬だったこともあり、頑固で攻撃的な面もある。おまけに運動神経バツグンなので飼い主は苦労しそうだが、非常に賢いためしつけさえ間違わなければ一緒に暮らしていける。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

レジ担当する可愛い店員さんは生後7ヶ月の秋田犬 (3.2)

  • ニュース

ムギ、キャリーに食われる。 (3.2)

  • ニュース

肉球には私を救ってくれるパワーがある (2.28)

  • ニュース

世界初!ペットの顔写真から病気を予測するAIが誕生 (2.27)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る