TOP>ニュース > 服を着せるのはアリかナシか? わんこに服を着せるメリットとは

  • ニュース

服を着せるのはアリかナシか? わんこに服を着せるメリットとは

・皮膚欠陥がある

エリザベスカラーを嫌がる場合、洋服を着せて掻きむしりを防ごう。伸縮性のあるジャケットタイプで、足まですっぽり覆うようなデザインがグッド。

・真夏の暑い日にこそ

「いやいや、それはダメでしょ!」とツッコミたくなるかもしれないが、しかし暑い日にこそ服を着せたい理由がある。吸水性の高い綿タイプのTシャツを水にくぐらせて絞り、そのまま着用させる。そうすると体温が下がるので、犬も呼吸がラクになるのだ。屋外で長時間過ごす場合はこのひと工夫が熱中症予防になる。

濡れた服を着せるのが難しい場合は、乾いた状態で着せ、そのあと水を吹きかけてあげてもOK。家に帰ったら濡れた毛を乾かすことは忘れずに。

強引にせず、手際よく着せてあげないと洋服嫌いになってしまうので注意は必要だが、いくつになってもオシャレしたいのは犬も同じ。いつもと違う姿をみたときは「カッコイイ〜」と褒めてあげよう。きっと、まんざらでもない顔をしているはず。

参考:いきいきDOGの育て方(小学館)

文/瀬戸まほ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬猫は保健所から引き取り可能!尊い命を救う里親のススメ (6.25)

  • ニュース

犬の顔をしたアステカの神ショロトル、その性質に見るケルベロスとの類似点 (6.24)

  • ニュース

【獣医師監修】飼い主に問題あり?犬が咬む本当の理由 (6.24)

  • ニュース

子犬のお散歩デビューはいつ?ワクチンとの関係や、社会性を育むための注意点を解説! (6.23)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る