TOP>ニュース > これが犬世界のルールだ…。オスの犬が子育てに関わるとき

  • ニュース

これが犬世界のルールだ…。オスの犬が子育てに関わるとき

犬は猫とは違い、群れで行動する動物です。

そのため、オスも積極的に子育てを行っていると思っている方もいるのではないでしょうか。

しかし、犬の子育てにおけるオスの役割は、少し変わっています。

生後間もない子犬を直接的に面倒みるのは、オスではなくメスの役目です。

メスは生まれた子犬の排泄を手伝ったり、毛づくろいで体を清潔に保ってあげたりします。

一方、父親であるオスは群れでのルールを教えるため、生後2ヶ月頃から子犬と関わりを持つようになるのです。

生後2ヶ月ほどが経過した子犬は社会性の時期を迎え、犬の世界でのルールや振る舞い方を学んでいきます。

このときのオスは子犬に威嚇をしたり、甘噛みをしたりするのが特徴です。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

DOG DEPT 2019春夏の新作登場【ドッグウェア通信】 (3.21)

  • ニュース

人面犬ブームとは何だったのか…もう一度振り返りたいあの頃の都市伝説 (3.19)

  • ニュース

犬がしつけによく反応するのは〇歳がピーク (3.18)

  • ニュース

豪華プレゼントがもらえる!映画「PET2」の写真投稿キャンペーンを開催♪ (3.18)

  • ニュース

超簡単!ワンコマッサージで愛犬との絆を深めよう (3.16)

  • ニュース

映画『ペット2』スノーボールが”スーパーヒーロー”になって帰ってきた! (3.15)

  • ニュース

画像でアニマルセラピー!?犬猫の癒される画像13選! (3.13)

  • ニュース

高齢ペットのワクチンはどうすべき? (3.11)

もっと見る

注目のグッズ

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る