TOP>ニュース > これが犬世界のルールだ…。オスの犬が子育てに関わるとき

  • ニュース

これが犬世界のルールだ…。オスの犬が子育てに関わるとき

犬は猫とは違い、群れで行動する動物です。

そのため、オスも積極的に子育てを行っていると思っている方もいるのではないでしょうか。

しかし、犬の子育てにおけるオスの役割は、少し変わっています。

生後間もない子犬を直接的に面倒みるのは、オスではなくメスの役目です。

メスは生まれた子犬の排泄を手伝ったり、毛づくろいで体を清潔に保ってあげたりします。

一方、父親であるオスは群れでのルールを教えるため、生後2ヶ月頃から子犬と関わりを持つようになるのです。

生後2ヶ月ほどが経過した子犬は社会性の時期を迎え、犬の世界でのルールや振る舞い方を学んでいきます。

このときのオスは子犬に威嚇をしたり、甘噛みをしたりするのが特徴です。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ドーン!!我が家の犬の自撮りが下手すぎ(笑) (10.27)

  • ニュース

いつも一緒だよ。ともに旅をする犬と猫 (10.26)

  • ニュース

ラブラドールレトリーバー マリアのメラノーマ闘病記 その3 (10.26)

  • ニュース

どのタイプの首輪が愛犬にいいの?犬の首輪の選び方 (10.25)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る