TOP>ニュース > 野良犬からアイドル犬に。柴犬カジのシンデレラストーリー

  • ニュース

野良犬からアイドル犬に。柴犬カジのシンデレラストーリー

野良犬からアイドル犬に。柴犬カジのシンデレラストーリー

京都の伏見稲荷大社から徒歩2分の場所にある着物レンタル店「うるわしき」。店先を通ると外を眺める看板犬の柴犬カジくんがいる。

実は、この着物レンタル店は、着物を着て日本犬の「柴犬」と触れ合えて写真が撮れると密かに訪日外国人の間で話題になっている。

毎日朝夕2回の散歩は伏見稲荷大社の裏山に行くのがカジの日課。人目が多いところは避けつつも観光客が見かければ、すぐに写真をせがまれる人気ぶり。

ある時は、30人以上の観光客に囲まれたこともあったそうだ。店先で道行く人を眺めたり、着物を着てお出かけしていくお客様の見送りをしたりと日々大忙しのカジ。

実は知られざるつらい過去があり、また奇跡的な出会いを経て、野良犬から訪日外国人に人気のアイドル犬となった。

2017年夏、カジは淡路島で発見された。発見者の山本さんによれば、8月末頃にやせ細った衰弱しきった一匹の柴犬を保護したという。水と餌を与えたが、翌日も起き上がることができなくなるくらいに衰弱しており、暑い中、長距離を歩いてきたのか肉球はボロボロになっていたそうだ。飼い主を必死に探したが、見つからず、仕方なく動物保護センターに相談してネット上で里親募集を呼びかけた。

時同じころ、着物レンタルサロン店主の増田さんは、偶然ネットでカジの里親募集を見かけ、不思議と胸騒ぎがした。いてもたってもいられず、京都から車を飛ばしてすぐにカジに会いに行った。

増田さんを見るとすぐに、長い間離れていたご主人にでも会えたかのように、カジは尻尾を大きく振って前足を挙げて大いに喜んだ。保護センターの人は、相性が良いと判断したのか、その日のうちに増田さんはカジを連れて帰ることが許された。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬の体重を人間に換算するとどのくらいなの? (12.5)

  • ニュース

冬の散歩は足が冷える!犬のために、専用の靴を履かせるのはあり? (12.4)

  • ニュース

シンクロ歩きをするハスキーとコーギー (12.4)

  • ニュース

小学生のころ、猫の標本を見て知った“大切に扱わなければ”という思い (12.3)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る