TOP>ニュース > 論文が燃えちゃった…物理学者ニュートンと愛犬の笑えるエピソード

  • ニュース

論文が燃えちゃった…物理学者ニュートンと愛犬の笑えるエピソード

物理学者ニュートンと愛犬の笑えるエピソード

アイザック・ニュートンといえば、「引力の法則」を発見したことで有名なイギリスの物理学者です。

それと同時に、彼は大の犬好きでもあったようで、自身の愛犬との微笑ましい逸話は今も語り継がれています。

当時51歳であったニュートンは、20年にも渡る実験の結果を執筆していました。

そんなある冬の晩、大学の礼拝堂へ行こうとしたニュートンはうっかり、愛犬であるポメラニアンの「ダイヤモンド」を残して外出をしてしまいました。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ボディケア用品からお菓子まで!猫好きな彼女や妻に喜ばれるホワイトデーギフト4選 (3.3)

  • ニュース

愛犬がまさかの“犬嫌い”…その原因はどこにあるのか? (3.1)

  • ニュース

亡くなったペットは死後も近くにいるの?夢に出たり、ときには帰ってくることも… (2.26)

  • ニュース

猫の辞書に「よく噛んで食べる」という文言は無い! (2.26)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る