TOP>ニュース > ペットを飼っていて良かった点「家族円満になる」と回答した人は27%

  • ニュース

ペットを飼っていて良かった点「家族円満になる」と回答した人は27%

SBIいきいき少額短期保険は同社の保険加入者を対象に“ペット”に関するアンケート調査を実施し、1,083名の方から回答を得た。

【1】犬・猫を飼ったことがありますか?

飼育経験ありは、全回答者の 6 割超。

単身世帯(以下、単身)と同居あり世帯(以下、同居)別にみると「現在飼っている」は単身が 16.5%、に対して、同居は 30.7%と倍近い比率となった。

「過去に飼っていた」は単身が 42.4%、同居が 36.3%となり、「飼うつもりがない」は単身が 29.2%、同居が 22.9%と各々世帯別で約 6~7 ポイントの差が出た。

単身で「過去に飼っていた」「飼うつもりがない」のポイントが高くなっている理由として、「自分の年齢が年齢なので、先に亡くなった後、犬猫がどうなるか先の事を考えるととても飼う事が出来ない(86 歳女性)」など、自身の年齢における懸念を挙げるコメントが多くあがった。

【2】-①犬・猫を飼っていて良かったと思う点は何ですか?[複数回答可]

※以降は【1】で現在、過去に飼育経験がある回答者を対象

ペットによる「癒し効果」は飼育経験者 4 人に 3 人が実感。

全体回答では 75.5%の方が「癒される」を挙げ、最も多い回答となった。

「ペットの役割」は単身世帯では、話し相手の傾向がより高い。

単身・同居の世帯別にみると、単身では「話し相手」が 34.3%と同居(25.6%)に対して、8.7 ポイントも高い結果となった。逆に同居が単身を上回る回答となったのは、「家族円満になる」「自身・家族が健康になる」が各々8~9 ポイントも高い結果となった。

70 歳以上では 2 番目に多い回答が世帯形態別で分かれ、単身は「話し相手」、同居は「家族円満になる」となった。

回答対象を 70 歳以上に絞ると、単身 70 歳以上では「話し相手ができた(37.8%)」、「癒される(83,8%)」のポイントが上昇している。特に「癒される」は単身全体(76.2%)より 7.6 ポイント高くなり、大きな差がみられた。


同居 70 歳以上では、「癒される(72,4%)」に「家族円満になる(31.9%)」が次ぎ、「自身・家族が健康になる(21.7%)」が同居全体よりも高いという傾向がみられた。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

私が離れると焦って追いかけてけるムギです。 (6.18)

  • ニュース

犬を犯罪に利用するなんて許せないし、悲しすぎる (6.17)

  • ニュース

那須高原の”わんこと行くクルマ旅”でDOG DEPTの最新作を着用したよ (6.16)

  • ニュース

「猫が毛玉を吐く光景」について思う、イメージと現実の違い (6.16)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る