TOP>ニュース > 今話題の「ドッグダンス」ってなに…?【いぬのはてな】

  • ニュース

今話題の「ドッグダンス」ってなに…?【いぬのはてな】

もうすぐ春だし、犬と何か初めるにはいい季節。今回は、ドッグダンスをピックアップ!大阪狭山市にあるドッグジム・シェイクのトレーナー、桝田珠実(ますだだまみ)先生にお話を伺いました。

イギリス発祥のドッグダンスは、もともとは待てや座れ、伏せなどの服従訓練が形を変えたものです。「究極のオビディエンス」(究極の服従訓練)とも言われています。人と犬が一緒に楽しむことができ、室内でも1畳ほどのスペースがあればできるので雨の日も退屈しません。

もともとは服従訓練として始められたドッグダンス。人から一定の距離を保ち、離れないように訓練したり、集中時間が短い子でも集中力を長くしたりすることができるのです。また、犬は7割を前肢に頼って運動するため、後肢は3割しか使いません。

犬は高齢になると後肢から弱くなるといわれていますが、ドッグダンスは後肢を鍛えるのにも役立ちます。子犬からシニア犬まで、年齢や運動能力に合わせて、どの子も始めることができるのも魅力のひとつ。小型犬から大型犬まで、犬種を選ばずに楽しめます。アジリティーなど道具が必要なドッグスポーツと違い、道具がなくてもできるのです。

いきなり全部の動作を覚えるのではなく、ひとつずつ技を習得していきます。最初はおやつを使うのですが、オーナーさんが喜んでくれる、褒めてくれるのが喜びになると、おやつがなくてもダンスができるように。つまり、人と犬の関係性が試されるスポーツなのです。

ドッグジムシェイク
http://www.doggym-shake.net/

文/わたなべあや

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ボディケア用品からお菓子まで!猫好きな彼女や妻に喜ばれるホワイトデーギフト4選 (3.3)

  • ニュース

愛犬がまさかの“犬嫌い”…その原因はどこにあるのか? (3.1)

  • ニュース

亡くなったペットは死後も近くにいるの?夢に出たり、ときには帰ってくることも… (2.26)

  • ニュース

猫の辞書に「よく噛んで食べる」という文言は無い! (2.26)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る